ガンベロ・ロッソ掲載のジェテリア、マリーナ・ディ・グロッセート「Chiccheria」

夏バカンスのお楽しみは夜の散歩、いや、散歩中のジェラート(笑)。以前にエアビーの大家さんとチャットのやり取りをしていた時、「ここのジェラート食べてみて、めちゃ美味しいから!」 と書いてあったのが、ここ Chiccheria。当時も2回行って大満足だったのでそれから3年後に再訪すると、以前にも増してすごい人、ちょっとはずれにあるのに長蛇の列!しかいここはレジ側の入り口から入って支払い&番号札をもらってのオーダーなので、人だかりで順番めちゃめちゃにならず、全てがスムーズ!

ジェラートは外に出ておらず、昔ながらの?缶カンに入っているタイプで、フレーバー数は多いけれど、フルーツ系は少なく、チョコ系は変わり種が充実。それもそのはず?1983年の創業時はケーキ屋さん兼ジェラテリアで、グロッセート県でも有名なお店だったそう。2002年にジェラート専業にシフトしてからも、グルメガイド「ガンベロ・ロッソ」に選ばれる数少ないジェラテリアの1つとして、今では超人気店になったのです。

私は今まで「ローズ塩とカラメル入りチョコ」 、「リコッタとラズベリー」、「ホワイトチョコとアーモンド」、「バジルと松の実」を食べましたが 、ナンバー1はローズ塩とカラメル入りチョコ!バジルはチンクエテッレのコルニリアでも食べましたが、ここのほうがバジルの苦味までしっかりジェラートに反映されていました。私はこってり濃厚系フレーバーを頼む事が多いですが、息子たちが以前選んだレモンシャーベットは大人でも「すっぱ!」 となる酸味がきいていて、これもクセになる味!

とにかく変わったフレーバーも多く、ハズレなし。ホンマ、このジェラート屋さん、フィレンツェにも欲しい!

無着色無添加、素材の追求ということで基本は地元のオーガニック材料、ピスタチオはシチリア、ヘーゼルナッツはピエモンテと、イタリアの産地から厳選。当然ながら、全て自社生産です。

1フレーバーからも選べ(これがあるのが嬉しい)、2フレーバーなら2. 70ユーロ。またマリーナ・ディ・グロッセートに来たら、再訪必須のジェラート屋さんです。

基本情報

Chicceria Gelateria
Via Piave, 14 Marina di Grosseto
Tel : +39-0564-36197

毎日営業、12:00‐0:00

現在はサルデニア島のカリアリにも2店舗があります!

関連記事

  1. ジリオ島の高みにたつ古の美しき村、カステッロ

  2. ビオダイナミック農法のブルネッロのワイナリー&アグリツーリズモ

  3. よりすぐりの生産者 X ハーフポーションが嬉しい、フィレンツェ「FOODY FARM」

  4. チンクエテッレ、ヴェルナッツァのレストラン「ガンベロ・ロッソ」

  5. ルッカ郊外・モンテカルロのワイナリー&ワインリゾート

  6. 6月21日&7月11日「トスカーナ料理とトスカーナを語る会」大阪で開催!

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image