簡単に作れる!何にかけても美味しい!自家製ハーブ塩

イタリア料理で欠かせないハーブ。うちも前住民が植えていたローズマリーはそのまま引き継ぎ、2年前からバジル、セージ、ミント、タイム、イタリアンパセリを増やしました。このうち通年元気でいつでも使えるのは、ローズマリーとセージ(セージは大寒波の際に一部枯れましたが・涙)。この2つ+αを使って作るのが、このハーブ塩です。

愛用している2枚刃メッザルーナで細かくみじん切りし、

使い終わったオーブンの余熱か、冬なら暖房パネルの上において乾燥させ

塩コショウと混ぜれば、万能調味料の出来上がり!

ハーブさえあれば簡単にできるし、何にでも使えるから超~便利!軽いしかさ張らないから、袋入りの市販品は簡単なお土産にも重宝し、大人気!・・・ぶっちゃけ日本でも作れますけどね(笑)

週末の鶏肉とジャガイモのオーブン焼きも、コレとオリーブオイルをかけただけ!一度作ってしまうとラクチン&美味しい!

イタリアに来られたら市販品をお土産に、ハーブがある方は自家製をぜひ作ってみて下さいね。

関連記事

  1. Equinozio di Primavera = 春分の日は・・・雪!!

  2. 91才の私のおばあちゃんが、こんなに元気な理由

  3. 2018年・今年のオリーブの状況は?

  4. おらが村の特産白桃「ロンダの女王」が、遂にジュースになった!

  5. イベント開催、昼と夜と、どっちが良い?

  6. 中国人による「なんちゃって寿司」は、進化しているのか?

Copyrighted Image