リヨンの主な見所を周る、1日コース~私が実際行った場所を紹介します!

友人の結婚式で訪れることになったリヨン。それがなければ、名前知ってるだけで行きたいとは思わなかっただろうけど、せっかくなので、いろいろ調べて楽しんできました。限られた時間で観光した感想は、町はかなり大きいけれど、美術館に入らなければ丸1日あれば十分周れる!私は半日づつ×2日かけて観光したので、行った順番通りにはならないですが、グーグルマップでうまくつなげて、効率よく周ってみて下さいね。

世界遺産の歴史的地区

世界遺産にも指定されているリヨンの旧市街は、ソーヌ川の西側にあります。エリアはそれほど広くないので、まず川越えてすぐの繁華街の散策を~可愛いお店や飲食店がたくさんあります。真っ赤な粒々はプラリーヌというリヨンのお菓子、アーモンドに真っ赤に着色したシロップでからめたもの。小さな袋に入ったものは、お土産に最適です。

先日紹介した郷土料理店・ブションも、旧市街にあるレストランです。

旧市街の一番の見所・ノートルダム寺院は丘の上にあるので、旧市街駅「Vieux Lyon」駅からケーブルカーに乗りましょう。寺院のあるフェルヴェールの丘までは、たった1駅。チケットは地下鉄・トラムと共通です。着いて登ったら、すぐにノートルダム大聖堂がドドン!とお出迎え。ゴシック建築らしく、ステンドグラスが大きくて精巧で美しい!地下礼拝堂も立派です。

大聖堂を出た後は、教会裏のビューポイントに寄るのもお忘れなく。クロワ・ルースよりも高いので、町全体が見渡せます。

その後は大聖堂に背を向けて左へ降り、ローマ劇場跡を見ながら徒歩で散策するのをおススメ。

ポール・ポキューズ市場

食に興味がある方が、海外旅行で必ず足を運ぶのは、やっぱり市場ですね!美食の町・リヨンの市場は、中央駅であるパールデュー駅の近くなので、鉄道駅を使う前後に行くと効率が良いかも。私は空港から着いたその足で、結婚とは別の友人に連れて行ってもらい、中のレストランでランチを食べました。

レストランも市の一部にイートインがあったり、肉系・魚系いろいろありますが、私たちは魚系へ。あとから思えば?この時のお料理はあまりこってりクリーム系でなく、シンプルに美味しかったです。もちろんフランスのシャンパンを合わせて。

だまし絵

何気にリヨン観光で一番楽しみにしていたかも~の、「だまし絵」!

立体的にいつくもの建物があるように見えますが、実は!この面は全部平面の1つの壁なんです!黒く見えてる小さい窓と、一番左端の上から二番目の窓だけが本物の窓で、あとは全部絵。あ、左下の買い物帰りのお姉さんと、右下の自転車のお兄さんは本物です・笑。

私も混じってみました(笑)。この坂を下ると、そのままクロワ・ルースへ、そこからリヨンの町並みが見えるビューポイントを寄りながら、もう1つ有名なだまし絵へ。その途中の界隈は、アート系のお店や雑貨屋さんが点在し、ウィンドゥを眺めながら行くだけでも楽しいです。そこから川沿いへ出て・・・

リヨンの有名人が並ぶこのだまし絵、川に面してない裏側にあります。ご覧のように、すんごい薄い建物、4そそて川沿いの道からカメラを構えてる人が何人も見えたので、すぐに分かりました!

ここで探していただきたいのは、やはり星の王子様♥市場の名前にもなっている名シェフ、ポール・キューズもお忘れなく。

半島エリア

リヨンは、ソーヌ川とローヌ川の2本が通っており、その2本も町の南側で合流しています。この2本の川の間が「半島」と呼ばれるエリアで一番の繁華街となります。上の写真は、観光案内所もある最大の広場・ベルクール広場。

プラデル広場の左が市庁舎の裏側、右がオペラ座。ここは地下鉄A線とC線(始発駅)の「Hotel de Ville」駅があります。

テロー広場。写真正面は市役所の正面玄関、右がリヨン美術館。有名なバルトルディの噴水は、私が行った時(2017年12月)は修復中でした (;・∀・)

ブレスト通りを歩いて南へ行くと、ヤコビン広場。どの広場も美しい建物に囲まれて、ベンチに座っているだけでも夢見心地になります。

そして美しいのが橋と、川の景色。半島は2本の川が東西にあり、橋もいろんな種類があって見比べるのも楽しいですよ。

移動は地下鉄・トラムで楽々!

地下鉄・トラムはチケット1枚1.80ユーロ(2017年12月現在)。自動販売機は英語も選択できますが、画面の前でかなり迷ったのが、画面で言語やチケット種類などを選択する時!画面タッチでなく、手前にある黒い円柱を回してカーソルを移動します。紙幣は使えず、コインかクレジットカードのみ使用です。

その他の見所

なかなか主要ポイントを押さえて効率よく回ってるののでは?と思いますがガイドに載っている場所で行かなかった(行けなかったのは)

※老舗チョコレート専門店・ベルナション(大統領のケーキ!)
※コンフュレンスの開発地域
※テットドール公園

くらい。友人も住んでることだし、また遊びに行きたいです!

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Lyon France(リヨン観光局・日本語サイト)
観光案内所はベルクール広場内にあります。

関連記事

  1. ギリシャ・ロードス島・ロードス、古・旧・新の3エリアを1日で周る

  2. ロードス島・アファンドゥの食べ処2店、安い!ウマい!地元民ばかり!

  3. 第1回近代オリンピック開催!アテネ「パナシナイコ・スタジアム」が意外とめちゃめちゃ面白かった

  4. 家族4人で行ってみた、アテネのおススメレストラン3店!

  5. 久しぶりのアレッツォは・・・やっぱり素敵な町でした!

  6. ギリシャ・ロードス島東海岸のおすすめビーチ5選!

  1. 日本に帰省したら、自分自身の「プチ・メンテナンス」が欠かせない

    2019.07.23

  2. 【レポート】トスカーナの田園風景と小さな村で「ウェディング・フ…

    2019.07.22

  3. 外国語上級者と母国語の人との違い

    2019.07.21

  4. ついつい食べちゃう、やっぱり「和スイーツ」

    2019.07.20

  5. イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

    2019.07.19

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image