【我が家の食卓】臓物好き家庭の、基本のトリッパの煮込み

私も子供もダンナも、要は、臓物好き家族(笑)の食卓によく登場するトリッパ !トリッパは牛の第二胃袋、日本語ではハチノスと呼ばれる部位です。 こないだ買ったパックは約750g、これで600円くらい。すでに下茹でしてあります。 我が家で一番多いのはトマト煮込みなんですが、サイトなんかで見ると結構さらに茹でて臭みをとったり、材料もハーブ系が多かったりですが私は所詮(笑)簡単・楽ちんが大好きなので、最低限の材料と最低限の行程だけ。それでも実はトリッパは苦手なダンナ(ランプレドットは大好き)も絶賛するんやから、めちゃめちゃ美味しいハズ!

材料(約4人分)

◎玉ねぎ・1個~半分 ◎人参・2本 ◎セロリ・2本 ◎にんにく・2かけ ◎トリッパ・750~1キロ ◎白ワイン・1カップ ◎トマトピューレ・300ml ◎塩、オリーブオイル、イタリアンパセリ(あれば)、好みですりおろしチーズ・適量

作り方

1)野菜をみじん切りにして、たっぷりのオリーブオイルで炒める

2)トリッパは食べやすい長さの細切りにして、野菜のフライパンに入れる

3)ここで結構水分が出るので水分がひくまで待ち、その後、白ワイン投入

4)白ワインもひいてきたら、トマトピューレと塩投入、味を整えて・・・

ハイ、出来上がり!めちゃ簡単でしょ。この後、すりおろしチーズをかけてモリモリ食べました♪

応用編として、ヴォルテッラで食べた「トリッパのヴォルテッラ風」  は野菜なしでまずトリッパを少しだけ炒めてから水抜きし、白ワインを入れて、作っておいた ミートソース を適量絡めるだけ。肉好きの長男はトマト煮よりもヴォルテッラ風やれ!といつもウルサイ💦

日本でどの程度ハチノスが手に入るかは?ですが、レシピは簡単ですので、ぜひ、お試しを~!

関連記事

  1. イタリアでは「おうち注射」は当たり前

  2. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

  3. Equinozio di Primavera = 春分の日は・・・雪!!

  4. アテネで私たちをおそった、思いもよらない悲劇

  5. 春の訪れを感じるアグレッティ、今年はパスタ以外にも使ってみた

  6. イタリア語のリスニング力を鍛える、簡単で最良の方法

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  2. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  3. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  4. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  5. 連係プレーなし!患者が動きまくるイタリアの医療(重篤でない場合)

    2019.12.02

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image