【我が家の食卓】臓物好き家庭の、基本のトリッパの煮込み

私も子供もダンナも、要は、臓物好き家族(笑)の食卓によく登場するトリッパ !トリッパは牛の第二胃袋、日本語ではハチノスと呼ばれる部位です。 こないだ買ったパックは約750g、これで600円くらい。すでに下茹でしてあります。 我が家で一番多いのはトマト煮込みなんですが、サイトなんかで見ると結構さらに茹でて臭みをとったり、材料もハーブ系が多かったりですが私は所詮(笑)簡単・楽ちんが大好きなので、最低限の材料と最低限の行程だけ。それでも実はトリッパは苦手なダンナ(ランプレドットは大好き)も絶賛するんやから、めちゃめちゃ美味しいハズ!

材料(約4人分)

◎玉ねぎ・1個~半分 ◎人参・2本 ◎セロリ・2本 ◎にんにく・2かけ ◎トリッパ・750~1キロ ◎白ワイン・1カップ ◎トマトピューレ・300ml ◎塩、オリーブオイル、イタリアンパセリ(あれば)、好みですりおろしチーズ・適量

作り方

1)野菜をみじん切りにして、たっぷりのオリーブオイルで炒める

2)トリッパは食べやすい長さの細切りにして、野菜のフライパンに入れる

3)ここで結構水分が出るので水分がひくまで待ち、その後、白ワイン投入

4)白ワインもひいてきたら、トマトピューレと塩投入、味を整えて・・・

ハイ、出来上がり!めちゃ簡単でしょ。この後、すりおろしチーズをかけてモリモリ食べました♪

応用編として、ヴォルテッラで食べた「トリッパのヴォルテッラ風」  は野菜なしでまずトリッパを少しだけ炒めてから水抜きし、白ワインを入れて、作っておいた ミートソース を適量絡めるだけ。肉好きの長男はトマト煮よりもヴォルテッラ風やれ!といつもウルサイ💦

日本でどの程度ハチノスが手に入るかは?ですが、レシピは簡単ですので、ぜひ、お試しを~!

関連記事

  1. やめる勇気、再開する勇気

  2. そうめん好きなイタリア在住日本人のマストアイテムはコレ!

  3. イタリアの高校は5年間の専門課程~長男の進学説明会に参加してきました

  4. 我が家の桜も、ついに開花!

  5. イタリアの柿は、スプーンで食べる

  6. 旅の一番の思い出とは、やはり「人との出会い」だと思う

  1. 簡単!いろんな効果!良いことづくしの「自家製フレッシュハーブテ…

    2019.10.20

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Via Posta Rossa ポルタ・ロッサ通り

    2019.10.19

  3. メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

    2019.10.18

  4. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

    2019.10.17

  5. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

    2019.10.16

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image