続けるためには、やはりモチベーションが大事

こないだ、長男が学校のノートを見せてきた。「フランチェスカがな、なんか、聞いてきてん」 と、ちょっと恥ずかしそうに、でも、かな~り嬉しそうに(笑)他の子には見せない所が控え目な彼らしいけど、昔から仲の良い、ハーフ(イタリア×スペイン)の友人に褒められて、かな~りご機嫌になっていた。昨日、学校のお迎え行く時に彼女のママ(スペイン人)に話をするとフランチェスカのノートにもびっちり同じものを書いてあげたようで、彼女もマンマに嬉しそうに見せてきた・・・そうな・・・(*’▽’)

海外に住んでいるハーフへの日本語教育は、そう簡単ではない。親が母国語をしゃべってればいいってわけでなく(それは必須項目であるけれど)。子供それぞれの正確や能力、 親の考え方、ひいては家族や学校の先生にも影響される。

私は息子たちが生まれてから、基本日本語でしか話さないし、ダンナやダンナ家族、そして幸いにも幼稚園や学校の先生も理解があり、それなりに順調にバイリンガルになってくれてはいるけれど、特に長男は、近年、日本語教室に行くのがしんどくなっていて、宿題をやるにもイヤイヤ、イライラ、そして私も爆発!みたいなこともある💦

だから今回の件は嬉しかった。嬉しそうにノートを見せる長男の姿が嬉しかった。「すっごいやん!こんなん誰にもできへんもんなぁ~カッコええなぁ」と、ちょっと言い過ぎ?でも本心からそう思ってこう言うと、(エヘヘ💛)とますます嬉しそうな顔をした。

「将来役に立つから」「仕事に使えるかもしれないから」なんて、この年でまだ分かる訳もない。一番シンプルなのは、きっと、褒めてあげて、気持ちよくさせてあげて「そっかー、じゃあもうちょっと日本語頑張ろうかな」と思う事。日本語教室は小学生まで、と今んとこそうなってるけど、2年後はさらにお年頃なので、褒めて褒めて褒め倒して、何かしらの形で日本語続けてくれへんかな~と密かに企む母でした。(ま、私は日本語しか話さないから、嫌でも私とは日本語、いや、コテコテ関西弁トークになるんやけども)  

関連記事

  1. 今年の日本帰省で、初めて食べたパスタ&初めて作ったパスタ

  2. 【我が家の食卓】家族代々伝わる、鶏肉煮込みのワンプレート

  3. イタリア人でもイタリア語で何と呼ぶか分からないモノ

  4. 超ワイルドな、毛付きの生ハム

  5. 楽しすぎる!美味しすぎる!フィレンツェで「味噌の会」

  6. 庭のオリーブをどう食べる?簡単&美味しい「オリーブの塩水漬け」

Copyrighted Image