フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

小さな村に行きたい!という方はとても多いのですが、ツアーではなかなか入っておらず、自分たちで行くのもハードルが高い・・・という方が少なからずいらっしゃると思います。そんな方におススメの公共機関で簡単に行ける小さな村シリーズ、まずはフィレンツェ発着の場合の小さな村を5つ挙げてみました。気になる村が見つかれば、タイトルの村の名前をクリックして当サイト内または関連サイトの該当記事へどうぞ。やっぱりちょっと不安という方は、通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンデイトリップをご検討くださいね。

ヴィンチ:天才・レオナルドが生まれ育った村

言わずもがな、ルネサンスの巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチの故郷。ミュージアムもあり、村歩きもなかなか楽しいです。フィレンツェから直通でエンポリ駅に行き、駅前からバスに乗ります。ただ終点ではないので、運転手さんに行先を伝えて近くに座っておくと安心ですよ。(新市街でなく旧市街=チェントロ・ストーリコと伝えましょう)。小さな村なので、エンポリ駅からシエナ行きの電車に乗り、チェルタルドに行く2カ所日帰りもおススメ!不安な方は、この2つの村を組み合わせた通訳アテンド付きツアーもあります。

チェルタルド:ケーブルカーで旧市街へ!ボッカチオの故郷

一方こちらは、「デカメロン」で有名なボッカチオの故郷。フィレンツェから直通あるいはエンポリで乗り換えてシエナ行きに乗り、駅から少し歩いた広場から、ケーブルカーで旧市街へ。蔦の絡まったホテル、花や雑貨が美しいバールなど、写真映えするポイントもいっぱい。小さな村なので、エンポリで下車しバスに乗ってヴィンチに行く2カ所日帰りもおススメ!不安な方は、この2つの村を組み合わせた通訳アテンド付きツアーもあります。

コッレ・ヴァル・デルザ:エレベーターで旧市街へ!穴場の小さな村

こちらはフィレンツェからバスでシエナ行き(鈍行)で一本。新市街を少し歩き、エレベーターで旧市街に行けます。観光客はほとんどおらず、地元民の営みが見られます。旧市街は縦に長くて結構広く、奥には要塞が、また新市街には特産であるクリスタルのミュージアムもありますよ。

グレーヴェ・イン・キアンティ:黒鶏の赤ワイン、キアンティ・クラッシコの里


ワイン好きにはたまらないキアンティ・クラッシコの里は、フィレンツェからバスで1本。大きな広場の両脇の柱廊にはレストランや雑貨・ジュエリーショップ、サラミなどをつまんで飲める肉屋など、いろいろ楽しい。バスが通る道を挟んで向こう側には、大きなエノテカがあるのでワイン好きはパスを購入してお気に入りをグラスで飲みまくるのも!エノテカでなく、ワイナリー訪問希望の方は こちら がおススメ。グレーヴェから車で5分ほどの小さな集落にあるんですが、グレーヴェのバス停まで車送迎してくれますし、ワイナリー訪問&テイスティングだけでなく、絶景と小さな村歩きが楽しめますよ。

フィエーゾレ:フィレンツェ市バスで終点へ、高台からフィレンツェ全景を臨む

フィレンツェ・サンマルコ広場から、市バス7番で終点下車。フィレンツェの町全体の眺望あり、広場にあるドゥオモや坂を上った先にあるサン・フランチェスコ修道院、ローマ劇場などの遺跡が見どころです。

小さな村デビューはどの村へ?
それでもやっぱり難しそう、という方は・・・

ツアーでしか旅行したことない方やあるいは大都市一カ所だけの旅行しかしたことない方にはきっと「小さな町・村」に個人でバスや電車で行くのは、ハードルが高く思えると思います、しかし、困ってる時に教えてくれる人がいて思い出に残る出会いがあったり、ちょっとした冒険気分で旅の醍醐味を味わえることも間違いなし!電車の乗り方はこちら、バスの乗り方はこちらにも紹介していますのでちょっと勇気を出して、ぜひ「小さな村デビュー」してみて下さいね。

どーしても無理!という方はハイヤーか、アテンドの依頼をお待ちしてます。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. Valtiberina(ティベリーナ渓谷)をお得に周るパスをフル活用しよう!

  2. フィレンツェの小さな本屋さん「TODO MODO」で、本に囲まれてランチ!

  3. イタリアのアペリティーヴォと言えば、やっぱり「スプリッツ」!

  4. トスカーナで一番大きい空港は、ピサ!

  5. 【チンクエテッレ】砂浜のビーチがある歩きやすい村・モンテロッソ

  6. ルッカ北部の中心的な村、カステル・ヌォーヴォ・ディ・ガルファニャーナ

Copyrighted Image