アレッツォから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

ご好評を頂いている「簡単に行ける初めての小さな村」シリーズ、フィレンツェからシエナからに続く第3段は、アレッツォから簡単に行ける初めての小さな村、です! 村の詳しい情報については、帯タイトルや本文中のリンクを参照くださいね。

アンギアーリ

イタリアの美しい村、ツーリングクラブのオレンジフラッグ、そしてスローフード協会のスローシティ全てに入っているこのアンギアーリ。日本ではまだまだ知られていませんが、とにかく渋い!そして美しい!レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の名画「アンギアーリの戦い」の博物館や、老舗の生地屋さん・ブサッティなどもあり、ゆったりなら1日、同じバス路線のサンセポルクロと一緒に半日(アテンド付きツアーはこちら)、ハイヤーツアーなら他のどの村とも組み合わせ可能です(ハイヤーツアーはこちら)アレッツォ駅前のバスターミナルから直通バスで50分。バス停から旧市街はすぐそこなので、とても行きやすい村です。

サンセポルクロ

サンセポルクロは、ルネサンス期の画家、ピエロ・デッラ・フランチェスカの故郷。彼の作品を展示した市立博物館や財団があるので、ピエロファンにはたまらない村です。その他にも自然薬品メーカーABOCAのハーブミュージアムがあるので、ハーブやその製品に興味がある方にもおススメ。アレッツォ駅前のバスターミナルから約1時間、アンギアーリと同じ路線なので、半日づつ同時に周るのがおススメです。ピエロファンの方は、「出産の聖母」があるモンテルキと合わせて1日で周ることもできます~モンテルキに寄る場合、バスの本数少なく乗り換えもありますが、ハイヤーツアーなら楽に周ることができます。

コルトーナ

映画「トスカーナの休日」の撮影地としても有名で、お客様のリクエストも多いのが、このコルトーナ。市庁舎のある広場、そしてドゥオモ、フラ・アンジェリコのもう1つの「受胎告知」がある付属美術館。そしてバスターミナルから見るキアーナ渓谷のパノラマ。最寄駅からはバスに乗る必要がありますが、比較的本数が多いので、アレッツォからの日帰りだったら十分に楽しめます。こちらもアテンド付きツアーや、ハイヤーツアーもありますよ。

ポッピ

こちらも「イタリアの美しい村」に選ばれているポッピ。ミュージアムにもなっているグイード家の城を降りると、六角形の愛らしい教会、それから柱廊が両サイドに並ぶメインストリートを行くと、今度はサン・フェデーレ修道院に出ます。アレッツォからポッピ駅まで約55分、そこからバスで約5分。本数は少ないですが、フィレンツェから直通バスも出ています。

サンジョヴァンニ・ヴァルダルノ

フィレンツェからアレッツォに行く途中にある、小さな町。フィレンツェのブランカッチ礼拝堂のフレスコ画で有名な、マザッチョの生まれた町でもあります。上記の村と違って旧市街に石造りの建物はほとんどないですが、市民の普段の様子が垣間見える、ほど良い活気のある町。写真正面はアルノルフォ宮、そしてサンタ・マリア・デッレ・グラッツェ教会も見ごたえがありますよ。

フィレンツェ、そして県庁所在地であるシエナやアレッツォ観光も済んだ方なら、今度はぜひ小さな村へ!観光地では見られない、日々の営みや美しい景色、人とのふれあい楽しんでくださいね。

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. 子供の乳歯が抜けたら・・・?イタリアと日本の違い

  2. スヴェレート近郊B&B「ベルヴェデーレ」、おとぎの村で極上のトルテッリを食す

  3. 長男、釣り吉になる

  4. イタリア式・スイカの食べ方

  5. 日伊ハーフの12才、初めて日本の中学校に行く

  6. そのモヤモヤは、うまく忘れてしまえばいい

  1. メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

    2019.10.18

  2. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

    2019.10.17

  3. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

    2019.10.16

  4. フィレンツェのレストラン「LA TANA」、日本語でお得なランチセット…

    2019.10.15

  5. 足して2で割ってほしい、息子たちの友達付き合い

    2019.10.14

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image