イタリアン姑と上手に付き合う方法(私の場合)。

今日から4日間、南トスカーナ周遊アテンドのため家を空けます。おかげさまでたくさんお仕事を頂いて嬉しい悲鳴なのですが、問題は私の留守中に誰が息子たちの面倒みるんだ?=うちはダンナが有休とれるのですが、すでに年末まで持つか?怪しくなってきたので、今回は半分マンマに来てもらえることになりました。5年くらい前までは私も出張の多いほぼ固定の仕事をしていたし、当時はばーちゃんがまだ元気だったのでめちゃくちゃ頼ってたました。日本では嫁姑問題・・・いや、最近は問題も起こらない?ほど関わりもないって話もよく聞きますが、イタリアの嫁姑は一般的にはすごくフランク。最愛の息子をとった!みたいなマンマもいますが💦、基本やりやすいです。少なくともネチネチや、探り合いみたいなことは少なく、ストレート・・・ま、これは嫁姑間だけでなく、人間関係全般がそうなんですけどね。

もちろん人によりますが、うちのマンマは、頼られるのが嬉しい人。私が出張だらけの仕事をしていた時、うちの母親は「マンマに頼りすぎ、ベビーシッターとか頼めないの?」と聞いてきたけれど

そんな事をしたら、逆にシバかれます!

結婚の時、うちの親に「クミコのイタリアでの母は私、この子はもう娘ですから」と、もしかしたら社交辞令だったかもしれないけど?言ってくれたのを私は都合よく、「そっか、娘か!しかも出来の悪い娘やし!」と解釈し仕事はもちろん、数年前までは、マンマはばーちゃんのことで忙しくなる前は遊びの時も「来れる~?」と甘えておりました。そして来てもらえる時は、「苦手」と公言しているアイロンがけも、私の留守の間にやってもらえるように山盛り置いていきます(鬼嫁?ダメ嫁!?爆)。

変な遠慮するよりも、ど~っぷりお世話になって、その代わり家に遊びに行ったり、誕生日を一緒に祝ったり、ちゃんと返せばOK!・・・と、私は信じてるけど、果たしてどうかな?ハハハ・・・(;^ω^)  

関連記事

  1. 2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=セコンド

  2. 次男の「初聖体拝領式」・レストラン編

  3. 【我が家の食卓】臓物好き家庭の、基本のトリッパの煮込み

  4. 写真はやっぱり、「縦・横」両方撮っておいた方が良い

  5. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

  6. 「ヴィピテーノ」と聞いて、真っ先に頭に思い浮かぶもの

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image