「バロネッサ」っていったい何者?イタリア貴族の名称と格付けを調べてみた

長い長い歴史の中で、各国で生まれた「貴族階級」。現在の普段の生活では関わりがないとはいえ、どう違うんやろ?と疑問が出てきたので、ちょっくら調べてみました。

まずは WIKIPEDIA。各国語での名称一覧表&どこでどう生まれたかの由来があり、分かりやすい。イタリア語では貴族一般をNOBILEと呼び、割と聞く名称では、DUCA(公爵)、MARCHESE(侯爵)、CONTE(伯爵)があったのだけど、今回調べるきっかけとなったBARONEは「男爵」でした。

ざっくりとした格付けは このサイト が分かりやすい!つまり、BARONEは貴族の中では下級で、日本の中世だと「旗本」なんだって。ほほぉ~。

これを調べたのは、FRAZECRAZEさんのウェブマガジン記事の取材で「バロネッサ」=男爵位をもつ女性と会うことがあったから(記事はこちら「ルネサンス建築を高級ホテルにリノベーション!~LEONE BLU」)。旗本レベルとはいえ、格式高きお家柄の女性に取材だなんて、やっぱりちょっと緊張しました・・・なんせ、超平民日本人ですからね(爆)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

 

関連記事

  1. 美術館に入らずとも美術鑑賞ができてしまう、それがフィレンツェ。

  2. 兵庫県川西市の隠れ家的な家庭料理のお店「和みDining 森のくまさん」

  3. 今だからシミジミ分かる、日本人友のありがたさ

  4. 肉も魚も、やっぱり「生」が好き

  5. 旅の醍醐味は、やっぱり「人との出会い」だとつくづく思った話

  6. イタリア人は、やっぱり海が好き

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image