フィレンツェは何百年もほぼ変わらない町、と実感できる1枚の絵

「バロネッサ」のお屋敷を訪問した時のこと。あれ、どっかで見たことあるな・・・と思ったら、我が家にもある、1枚の絵がここにもありました。これはフランチェスコ・ロッセッリ作の通称「鎖の地図」(オリジナルは鎖のような模様で枠があるため、そう呼ばれているそうです)、フィレンツェを描いた作品は多く残されていますが、その中で一番古く、1470年頃に描かれたもの。

IMG_2597

この「リカーゾリ宮」もこの通り存在し、しかも名前までくっきり入っています。(カメラ目線でばっちり笑顔のバロネッサ、かわいい♪)ドゥオモはもちろん、ヴェッキオ宮殿、ヴェッキオ橋、サンタ・マリア・ノウ゛ェッラ教会など、今でも現存し、フィレンツェ観光の見どころとなっているものは、すでに存在しています。そう考えると、ほんと、フィレンツェの町って中世からほとんど変わってない!と改めて驚き、歴史好きの私は、バロネッサが語ってくれたリカーゾリの歴史にも、ゾワゾワしっぱなしでした。

IMG_2598

中を拝見しながら、最後は天井が7mもあるサロンでお茶を頂き、予定時間の2時間いっぱい、ず~っとおしゃべりをしていました。ああ、なんて贅沢な時間!

IMG_2588

この地上階の中庭も、建てられた1400年代半ばそのまま。でも数百年前の建物なんて、フィレンツェには山ほど存在してるんですよね・・・フィレンツェを散策してよく見るのが、「PALAZZO ◯◯」の立看板、これらは皆、リカーゾリ宮のような歴史的建物で、それぞれの建物や家族の長い歴史が刻まれている訳です。そしてそんな看板もないような建物さえも・・・フィレンツェ観光では、急ぎ足で有名美術館や教会を回ることが多いですが、少し気をつけて、看板や紋章が掲げられた建物を見つけてみてくださいね。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

関連記事

  1. 低予算で行ける、北摂から近い子連れスポット7選!

  2. 【我が家の食卓】夏のサボり料理は「ツナ×豆×赤玉ネギ」で決まり!

  3. 【イタリアの電車】「フィレンツェ+〇〇駅」、旧市街へはどこで下りる!?

  4. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その3・Storia dell’Arte

  5. フィレンツェ「Gilda Bistro’」、イギリスTVドラマを再現したオーナーこだわりのビストロ

  6. イタリア小1の算数に欠かせない、「REGOLI レーゴリ」

  1. 【イタリアの便利商品】色もの白もの一緒に洗える、「L’Acchi…

    2019.11.19

  2. 何でもデジタル時代に、ジ~ン、と嬉しいもの

    2019.11.18

  3. トマトソースのピッツァに飽きた時は

    2019.11.17

  4. 温泉で有名なモンテカティー二・テルメの旧市街「モンテカティー二…

    2019.11.16

  5. 【レポート】トスカーナでアグリツーリズモ・行政・協会へ調査イン…

    2019.11.15

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image