【我が家の食卓】ティラミスは簡単!そしてバリエーションも無限!

イタリアン・デザートの代表と言えば、ティラミス。難しそうに見えるかもしれませんが、基本はマスカルポーネベースのクリームに、液体に浸したビスコッティを重ねるだけ。ベーシックなのは、ビスコッティをエスプレッソに浸し、最後はカカオやチョコチップを トッピングしたものです。日本では何故か生クリームが入っていますが、イタリアのティラミスには生クリームは入りません。

材料(作りやすい分量)

◎マスカルポーネ・250g ◎卵2個 ◎砂糖スプーン2杯 ◎ビスケット、エスプレッソ、カカオパウダーやチョコチップ・適量

※エスプレッソを麦コーヒーに変えると、小さいお子さんも食べられます。

※ビスケットはあの固い「カントゥッチ(ビスコッティ・ディ・プラート」ではありません!日本でもおそらく手に入る、サヴォイアルディ・パヴェジーニなど、液体が染みこみやすいビスケットなら何でもOKです。

IMG_2782

作り方

1)エスプレッソを沸かす、卵を卵黄と卵白に分ける
2)卵黄と砂糖、マスカルポーネをよく混ぜる
3)卵白を泡立て、2)に混ぜる
4)容器に、エスプレッソを浸したビスコッティを敷き、その上に3)のクリームをのせ、容器上部までビスコッティ&クリームの層を作る
5)カカオパウダーなどでトッピングし、冷やしてお召し上がりください♪

ね、簡単でしょう?そして!!「ビスコッティを浸すもの」とトッピングを変えるだけで、ティラミスは無限のバリエーションが作れます。

アレンジ1:いちごのティラミス

IMG_2496

トッピングがフルーツの場合、ソースは同じフルーツのジャムをお湯で溶かしたものです。一番上だけでなく、間にも生の小さく切ったイチゴを挟むとボリュームUP!写真左は普通バージョンです。

アレンジ2: 桃のティラミス

14-1

いちごのティラミスの桃バージョン!そのフルーツのジャムがあれば、基本どんなフルーツでもできるってことです♪

アレンジ3: 抹茶のティラミス

IMG_2784

これは抹茶の粉をお湯で溶いて、ビスコッティに浸します。アンコを挟むと更にボリュームアップ&和なティラミスに。この日は抹茶が終わってしまったので(涙)、トッピングはチョコチップで。

まだやったことないけど

ちなみに、ティラミスとは Tiramisu = Tirami su。tirare = 引っ張るという意味の動詞に、mi = 私の目的格、su = 上という単語から成り、「私を上に引っ張って=私を元気づけて」という意味なんですよ♥

美味しいティラミスを食べて、テンション上げて ⤴ いきましょう~!! 

関連記事

  1. 天然酵母パン第二章~1年ぶりの再会は、「自家製ブドウ酵母」で!

  2. イタリアのお祭りには欠かせない、「ズバンディエラトーレ」

  3. 斜塔だけじゃもったいない!ピサのドゥオモで入って欲しい施設3つ

  4. トスカーナの我が家に帰ってきました

  5. ハーフの息子たちに日本人DNAを感じること

  6. ミケランジェロのダヴィデ好きには悶絶モノ?細部写真を撮影してきました

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image