「出産の聖母」と合わせて行こう!モンテルキの「量りのミュージアム」

アレッツォ県のモンテルキは小さな村ですが、ピエロ・デッラ・フランチェスカの名画「出産の聖母」ミュージアムの他に、もう1つ面白いミュージアムがあります。それは「量りのミュージアム」。ヨーロッパでも指折りのこの量りの博物館は、量りの収集家であるヴェリオ・オルトラーニのコレクションで、アンティーク市や古物商で買い集めた量りは100以上、一番古いものは、なんと!1400年代のものだそうです。

最初の間は、人間の量り。歴代の赤ちゃん用の体重計と、大人が立って量る体重計は自分で鏡で見るようになってます。左から2番目の体重計は、私が次男の時に保健所から借りたものと同型で、これを見た時、イタリアの古いものを大切に使う文化を実感しました。

それから薬草の量りや郵便局の小包用量り、毛糸の量り、イタリアらしい!ワインの樽の量りもありました。

それから、小さな小さな懐中量りに、組み立て式で箱に入った量り、そして、これまたイタリアらしい、パルミッジャーノ・レッジャーノ用の量り!

こんな量りが!というだけでも面白いですが、その鋳造の細かさに芸術を感じたり、渋~いロゴや錆に萌えてしまったり、いろんなツボにハマる面白い博物館です。イタリアだと絵画や彫刻のミュージアムがメインになってしまうのですが、サンセポルクロABOCAミュージアムや、この量りのミュージアムなんかを訪問すると、芸術以外の人々の生活に基づいた歴史が垣間見えたり、美術でパンパンになってた頭がリフレッシュできるかもしれませんね。

このミュージアムと「出産の聖母ミュージアム」は共通チケットで6.5ユーロ、ティベリーナ渓谷の割引券があれば5ユーロになりますよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Museo delle Bilance
Via XX settembre 1. Monterchi (AR)
Tel : +39-0575-70713
開館日時はこちらをご覧ください

【行き方】
アレッツォ駅前(駅を背に広場を出て、左斜め前)バスターミナルからTiemme社の直通バスSI381番で1時間。時刻表:アレッツォ→モンテルキモンテルキ→アレッツォ。バスについてはこちらをご覧ください。バス停から丘の上に見える旧市街へ行き、出産の聖母ミュージアムに行く手前のピンクの建物をくぐってすぐ右側にあります。
同じ路線にはピエロの故郷で作品も多く残るサンセポルクロイタリアの最も美しい村にも選ばれているアンギアーリがあります。2カ所ならフィレンツェから電車バスを乗り継いで日帰りで、3カ所ならアレッツォ発着でバスで、あるいは効率的にハイヤーで行くことをおススメします。電車についてはこちら、ハイヤーについてはこちらサンセポルクロとセットでのフィレンツェ発着ハイヤーツアーはこちらをご覧ください。

 

 

関連記事

  1. フィレンツェ・リピーターが、何度行っても飽きない場所は?

  2. フィレンツェ北部「キー二・マニファクチュア市立博物館」で、イタリアン・リバティに酔いしれる

  3. フィレンツェの素敵な通り ~ Via Santo Spirito サント・スピリト通り

  4. 廃墟となった屋根のない修道院、サンガルガーノ修道院

  5. マレンマ地方の歴史を紐解く、「凝灰岩の町」考古学公園

  6. ミケランジェロ・ファン必見!フィレンツェ「ブォナッロ―ティの家」

Copyrighted Image