「誕生日会歴12年」で、年々とぎすまされた勘!

イタリアでは、子供の誕生日会は必須!全員とまではいかないものの、生まれてから小学校の間は、大小あれど、大半の家庭は「誕生日会」を開催します。こんな場所でも誕生日会ができるんです! そういう私も、長男1才から、2人の子供合わせて12年、20回近くの誕生日パーティを開催していますが・・・もうね、何をどれくらい準備したら良いか?参加人数でほぼ完ぺきに把握できるようになりました。

今回の参加は大人子供合わせて40~50人。昔は適量が分からず、あまりまくって捨てたり毎日同じもの食べたりでしたが、今回残ったのは、予備のパンくらい。結局皆が食べるもの(特に子供が食べるもの)って結局手づかみで食べられるものだし凝った物よりもスタンダードなピッツァ、レバーパテのクロスティーニ、トマトのブルスケッタ、スキアッチャータのパニーノが一番出るんですね。

それに大人用に、毎年人気の夏野菜のクスクス、スペルト小麦と海老のジェノヴェーゼソースサラダ、キッシュを1つ。

一番余って厄介なのがケーキですが、参加人数の半分のオーダーでOK。食べない子もいるし、ケーキ屋さんは1人分大きく見積もるから。これも毎年様子を見ながら減らしていって出てきた計算です(笑)一昨年、長男が中学になってからはピッツェリアでするようになったので、パーティは年に1回。来年は次男も小学校最後の年なので、もしかしてラスト!?なんだか感慨深い(笑)。

 

関連記事

  1. 大阪・南船場のおしゃれなカフェ「La Sante’」で、ボリュームたっぷりの500円サラダランチ!

  2. 【我が家の食卓】ちょっと軽めの、ナスのパルミジャーノ

  3. ギリシャ・ロードス島・ロードス、古・旧・新の3エリアを1日で周る

  4. 渋柿を柔らかくする方法

  5. ヨーロッパいち大きなサボテン

  6. やっぱり元気でいて欲しい

  1. 絶景&美食!マレンマ周遊の起点に最適、コスパ抜群のアグリツーリ…

    2019.06.25

  2. 世界的人気の寿司!でも寿司は、日本の家庭料理ではありません。

    2019.06.24

  3. グルメ、イタリア語、写真、スケッチ・・・オリジナル企画ツアーを…

    2019.06.23

  4. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」…

    2019.06.22

  5. 各社サービスセンターの、チャットサポートが便利すぎる!!

    2019.06.21

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image