兵庫県川西市の美味しいイタリアンその2~ 生パスタ・Eat in de nomi-na

トラットリア・マッシに続く、超地元のイタリアン紹介第二弾はこちら!
手打ち生パスタ専門イルグラーノ製麺所 Eat in de nomi-na」
元々は生パスタ専門の製麺所が1年半前のオープンした、パスタのお店。

20476117_583549052034996_2520928615178782624_n

能勢電鉄の鼓が滝駅から徒歩だと10分くらい・・・ですが、なんせ上り坂なので特に夏は車でのお越しをおススメします💦住宅街にある木造一軒屋、イタリア国旗が目印です。

IMG_6081

コンパクトな店内に、天然木カウンターの全6席。こちらもシェフのご主人と、接客の奥様2人でのアットホームな経営。オープンキッチンなので、そのお料理の様子も垣間見えたりもします。

メインはもちろんパスタなんですが、この山盛り前菜も超おススメ!

IMG_6084

たっぷりのサラダ、生ハム、チーズ、タコのマリネ、豆とブルスケッタ・・・
このボリュームで、しかもワンドリンク付きで1300円!
この前菜とワインを楽しみながら、パスタを待ちます。

IMG_6090

今回はイカ墨入りのパスタにトマトソースを。すっくな~!と思われた方、これ、1ポーションを3人でシェアしたのでご安心を。1ポーションが普通の2人前くらいあるので、複数人で行く場合はこうやって前菜も楽しむのもよし、数種パスタをシェアして食べ比べするのも良し!

この木造建築は、ここの製麺所のお客さんである建築家の方が建てられたもので、2016年にはウッドデザイン大賞も受賞されたもの。「はじまりの杜」として、1階はこのイートインとギャラリー、2階はレンタルスペースとなっていますので、将来、ここでトスカーナ自由自在とパスタ屋さんとでイベントできたら!と夢も膨らみます。

IMG_6077

店内は8席ですが、夏以外は外の席も気持ちよさそう!

IMG_6075

実はここのご夫婦・・・私の高校の同級生なんです!!!私がずっと仲良くしている高校の友人から「生パスタ屋さんをやっている」というのは聞いていたのだけど、それ以外は知らなかった・・・んやけど!!ちょうどトラットリア・マッシさんで、ここの常連さんで11月にアテンドをするお客様とランチをしていて地元ネタとなり「私は高校●●なんですよ~え?中学は同じ?おいくつですか?」とお客さまの質問に私は答えたところ、「えええ!」
と向こうのテーブルに座っていた別のお客さんが振り返った・・・ら、それがここのご夫婦だったというすごい偶然 (@ ̄□ ̄@;)!!奥さんは顔見たらすぐ分かったけど、ご主人は最初からこっち向いてたのに、全然気づかんかったわ・・・💦💦(さとちん、ごめんよー)

もちろん、こちらにも私のセルフマガジンを置いて頂きました。
トラットリア・マッシ同様、こちらもご贔屓に💛

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

  2. 【我が家の食卓】ボッリート・ミストとサルサ・ヴェルデ(グリーンソース)

  3. 経営者の鏡?フィレンツェは「ロッコ・フィーバー☆」

  4. トスカーナで一番大きい空港は、ピサ!

  5. 50歳以上のイタリア人の、日本語ボキャブラリーの貧しさよ(笑)

  6. 暑苦しさをとるか、心苦しさをとるか

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image