P1190501ワインで有名なモンタルチーノから車で15分程度の場所に、山々と、チプレッソ(糸杉)やオリーブが点在する緑の平野にひっそりと佇むのが、Abbazia di Sant’Antimo(サンタンティモ修道院)。TOPの写真は教会の後ろ= 後陣と鐘楼 の後ろ側。どこから来てもまずは後ろ側から教会を見ることになります。ここから道はぐるっと教会の左側を回りますが、目の前に広がる草原に駆けたくなったら草原から入って後ろから眺めるも良し、まずはやっぱり正面に回って中に派行ってみるのも良し。

P1190520正面の原っぱには、 樹齢何百年?というオリーブの木々 が圧巻です。この修道院の歴史も、このオリーブの木に劣らずかなり古いもの。一般的には、 カール大帝 が自軍とともにアミアータ山近くでペストに感染した時、その治癒と願い、その願いが叶った事を感謝して、この修道院を建設したと言われていますが、実際の歴史はもっともっと古いもの。元々あった建物の歴史は、352年に死去したアレッツォの 聖人アンティモ まで遡ります:信者たちは殉死した場所に小さな礼拝堂を建設。770年頃、 ロンバルド族 は、同じ場所にタオ神父にベネディクト修道士会の修道院を建設するよう命じます:これが現在の修道院の始まりです。その後781年、カール大帝はローマからの帰り道に建設中のこの修道院に印を与え、息子である ルドヴィーゴディピオ による814年12月29日の公文書から分かるように、この修道院はたくさんの貢物と特権が与えられ、“皇帝の修道院”となったサンタンティモ修道院は発展を続けます。

P1190528歴史はここまでにして、中は・・・!!が、残念なことに 内部は撮影禁止 。しかし、外から自然光だけの(夜は分かりませんが昼間は自然光だけでした)内部に入ると、最初は暗くてよく分かりませんが、目が慣れてくると、後陣から放たれる光に浮かび上がる十字架、柱・・・ なんとも美しい 。実際のミサなどで修道士によって歌われる グレゴリオ聖歌 が低いボリュームで流され、信者でなくとも神聖な気持ちにさせられます。入って右側の身廊奥(祭壇手前)にある小さな階段を下りて クリプト(地下礼拝堂) を、そしてトスカーナでは数少ない 2重後陣 (祭壇の後ろも通行できる)を周って教会内を一周できます。

中も素敵だけど、個人的にツボだったのは外のあちこちに隠れている 動物たちの像

Sant'Antimo

体は2つ顔が1つの猫?やら羽の生えた羊人間?牛に半漁どん?時間があれば、もっとじっくり眺めたかったくらい、本当にいろいろあるんです。

P1190529

こうして教会を見た後は、目の前に広がる原っぱで休むのも気持ちいいです。天気が良い時は、大人も原っぱでごろごろ&カップルはいちゃいちゃ(笑)、ピクニックをしている人もいましたよ。

 

P1190541その後は、目の前の丘に見える 小さな村・Castelnuovo dell’Abate(カステルヌオーヴォ・デル・アバーテ) へ散策。なにがどうといい村ではないですが、路地や一般家屋の窓&玄関周りが可愛らしい。ボルゴの大きさに見合った小さな教会もありました。

修道院が見下ろせるスポットを探してボルゴの裏側へ・・・ありました、ありました!

P1190572

ぱぁっと開けたそのパノラマにまたうっとり・・・上から見ると、 修道院が雄大な緑の自然に抱かれている のがよく分かります。

P1190521場所は モンタルチーノから10キロほど の場所で、平日だけですがバスがモンタルチーノとサンタンティモを結んでいます(Peschiera社)。モンタルチーノへはシエナからバスが出ています(Tra-in社)が、乗り継ぎなどを考えると普通の旅行者の方はかなり難しい・・・イタリアの田舎は本当に素敵なのに、車でないとなかなか行きにくいところが多いです。ご家族や小グループだと、モンタルチーノとサンタンティモ修道院+αで 1日ハイヤーで田舎を満喫される のをおススメします:4人だと1人100ユーロ程度、ハイヤー手配についてはお問い合わせ下さい。
修道院の公式サイト は、イタリア語&英語ですが、説明も分かりやすく(修道士がガイドをする対話式になってます)、ここで紹介できなかった中の写真なども一部あります。生のグリゴリオ聖歌が聴けるミサも見学できますが、ミサに参列される人の邪魔にならないよう、リスペクトを持って見学して下さるよう、お願いします。