子連れのお出かけぴったりの、日本のお菓子

それは、ブルボンのプチ・シリーズです!私が日本にいる頃からあったので、もうロングセラーの商品ですが今やその種類は 20種類以上で、実家近くのスーパーでも一棚丸ごと占めていました。これの何がいいかって、

  1. スリムなので、鞄の中でかさ張らない
  2. 甘い系、塩系、両方たくさんのバリエーションから選べる全て食べきれるほどの量なので、食べたらすぐに捨てられる(捨てられなくても、スリムパッケージなのでゴミとしてもかさ張らない)
  3. 一口で食べられるので、食べながらポロポロ食べこぼしがない!
  4. お値段も基本78円(実家近くのスーパーの場合)、この写真の左から5番目のブラウニーのようなちょっとリッチな種類は148円だったかな?

これを持って行ったのはUSJで丸一日遊んだ日だったので、子供たちが「お腹すいたー」というと1つ出し、
アトラクションでの長い待ち時間でまた1つ出し・・・とこの写真の10種類、全て1日でなくなりました。

という訳で、帰省で子連れお出かけの際は、定番の我が家のお菓子です!(決してブルボンのまわしもんではございません) 

 

関連記事

  1. イタリアの家の扉にかけてある、水色やピンクのリボンは一体何?

  2. 【我が家の食卓】アーティチョークが旬だから、サラダでガンガン食べてしまおう

  3. イタリアの結婚式の2つのパターン

  4. イタリアで和食の肉料理を作るときに必須な器具

  5. おじいちゃんの器で頂く新スープ「スーラータン」

  6. 「ヴィピテーノ」と聞いて、真っ先に頭に思い浮かぶもの

  1. 【イタリアの便利商品】色もの白もの一緒に洗える、「L’Acchi…

    2019.11.19

  2. 何でもデジタル時代に、ジ~ン、と嬉しいもの

    2019.11.18

  3. トマトソースのピッツァに飽きた時は

    2019.11.17

  4. 温泉で有名なモンテカティー二・テルメの旧市街「モンテカティー二…

    2019.11.16

  5. 【レポート】トスカーナでアグリツーリズモ・行政・協会へ調査イン…

    2019.11.15

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image