イタリアの父の日は3月19日&トスカーナではお父さんを何と言う?

イタリアでは昨日・3月19日が父の日でした。キリスト養父がジュゼッペ(ヨセフ)なので、昨日の聖ジュゼッペの日が父の日になっています(てことは、カトリックの国は皆同じかな?)。こちらに来るまで知らなかったのですが、父の日って世界中で日にちが違うのですね。てことで、父の日の前日の日曜日にマンマ宅にランチに行ったら、フィレンツェのカーニヴァル時期、そして聖ジュゼッペの日に食べるフリッテッレを作っていました。これ、舅の大好物だったんですよね・・・私もマンマレシピを伝授してもらったので、気になる方は作ってみてくださいね。

さて・・・イタリア語でお父さんをなんて言うか知ってますか?呼び名・日常的な意味で「お父さん」は、papa’ (パパ―)ですが、トスカーナでは違うんです!トスカーナでは、babbo (バッボ)。なんとそれを調査しているコミュニティがFBに存在し、その最新の調査(2017年8月20日投稿)ではこんな風に・・・サルデニアはそうだと聞いたことあったけど、カンパーニャ州やプーリア州でも「バッボ」と呼ぶ地域があるということにびっくり!こういう方言ネタ、大好きです。日本でも関西で「オトン」と言うように、地域で違いがあるのかなー。

ちなみに上記のFBコミュニティによると、フィレンツェでは99%が「バッボ」。うちの「バッボ」は、冗談でも息子たちが「パパ―」と呼ぶとマジ怒りします(苦笑)長男のクラスで、お父さんがトスカーナの人なのに「パパ―」って呼んでる子がいて、そのお父さんに何でか聞いてみると、面白い答えが。「バッボってウクライナではお婆ちゃんって言う意味なんだよ💦」!!ここの家族はお母さんがウクライナ人(現在ロシア)なのでこんな状況が!

そしてパパ―の発音ですが、2番目のパにアクセントがあります。似ている単語に Papa がありますが、これは「パーパ」と一番目のパにアクセントがあり、意味は「(ローマ)法王」になりますので、間違えないように注意!笑。

関連記事

  1. 時間つぶしに・・・おらが村朝さんぽ

  2. ブログに日常生活の事を書いておいて、のちのち役に立ったこと

  3. イタリアの学校は今、成績表のシーズンです

  4. 無料サービスを受ける基準と気を付けたいこと

  5. そうめん好きなイタリア在住日本人のマストアイテムはコレ!

  6. かつてはだんだん小さくなって、今度はだんだん大きくなってるもの

  1. 3か月と2日ぶりの学校が始まった!・・・が!Σ( ̄ロ ̄lll)

    2019.09.17

  2. カスティリオーネ・アッラ・ペスカイアのオシャレな人気レストラン…

    2019.09.16

  3. マレンマのハイソな港町「カスティリオーネ・アッラ・ペスカイア」

    2019.09.15

  4. かつてはだんだん小さくなって、今度はだんだん大きくなってるもの

    2019.09.14

  5. 突然すぎる、辛いお別れ

    2019.09.13

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image