チンクエテッレの5つの村は、果たして1日で周れるのか!?

私も大好きな、大人気の世界遺産・チンクエテッレ。リグーリア州の岩壁沿いにたつ、5つの村=モンテロッソ・アル・マーレヴェルナッツァコルニリアマナローラリオマッジョーレの総称です。私は通算5回行き、うち最後を除いては1日に1カ所~最大で3カ所を周ったのですが、5回目は長男が言った言葉

「1日で5つ全部周ってみたい!」

をチャレンジしてみようと、実際に周ってみました。チンクエテッレには行きたいけど、どれくらい時間かかるのか?1日で何村行けるのか?どうやって行くのか?と考えている方の参考になれば、このチャレンジもし甲斐があったというものです!(笑)


チンクエテッレのスタート地点は、ラ・スペツィアの駅。まずはこの駅のチンクエテッレポイントで、チンクエテッレカードを購入しましょう。駅の表側でなく、1番線ホーム内にあります。私たちは大人2人&子供2人のファミリーカード1日券を購入。1日券には、ラ・スペツイア~チンクエテッレの5つの駅~レヴァントの電車乗り降り自由、チンクエテッレ内のバス、駅構内のトイレやWIFIなどが含まれています。カードはその日のうち、でなく、刻印から24時間なので、昼スタートなら翌日の午前も使用可能!同時に地図と時刻表を渡してくれ、その時点での次の列車に丸をしてくれたり、また、トレッキングコース=リオマッジョーレ⇔マナローラ間(愛の小道・2018年8月現在閉鎖中)、マナローラ⇔コルニリア、にもバツ印をつけてくれたり、スタッフの方はテキパキ、分かりやすいです。

電車は海の絶景とトンネルの繰り返し、私たちは奥のモンテロッソに行き、1つづつ下りてリオマッジョーレまで、無事に5村周ることができましたが・・・ラ・スペッツィアから12時15分の電車に乗り、帰ってきたのは19時頃=7時間・・・

結論!
5つ全部周れることは周れましたが、正直かなり疲れました(爆)

・・・4カ所めのマナローラ、ダンナと次男はかなりお疲れ(苦笑)

1駅1駅は近いんです。でもまず、このシーズンは観光客が多すぎて、乗り降り&歩くだけでも疲れる。駅から絶景ポイントまでそれなりに歩く&アップダウンあり。時間もないからどーしても1日で周りたい、サラっと写真撮るだけでいい、など以外の方は、1日で5村はおススメできません。

  • 5つぜんぶ周るなら、
    ※ 1日カードでも、せめて宿泊を入れて日をまたがせ、体力キープ
    ※ 1泊以上(複数日のカード)でゆっくり周る
  • 1日しかないなら
    ※ 優先順位を決めて、2~3村周る

が良いと思います!
各村の記事は下記リンクを。どこを周るか悩まれている方はぜひ参考にしてみてくださいね。
砂浜のビーチがある歩きやすい村・モンテロッソ
見所が一番多いイチオシの村・ヴェルナッツァ
丘の上にある穴場の村・コルニリア
世界一のプレゼーペでも有名!マナローラ
これぞ「崖っぷち」の村・リオマッジョーレ

 

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリア滞在、宿泊施設のどこにこだわる?~日本とイタリアの違い

  2. ギリシャ・ロードス島東海岸のおすすめビーチ5選!

  3. イタリアのアペリティーヴォと言えば、やっぱり「スプリッツ」!

  4. 超観光地で「良いレストラン」を見つけるには?

  5. 【テーマのある旅】ロマネスク様式の教会を巡る、トスカーナの旅

  6. ドゥオモパスをフル活用!ドゥオモ関連施設6つを1日で制覇できるのか??

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  2. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  3. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  4. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  5. 連係プレーなし!患者が動きまくるイタリアの医療(重篤でない場合)

    2019.12.02

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image