【チンクエテッレ】砂浜のビーチがある歩きやすい村・モンテロッソ

チンクエテッレの5つの村、果たして1日で周れるのか!?」の続きです~今回紹介するのは、チンクエテッレの中で一番西にある村、「モンテロッソ」です。チンクエテッレ=断崖絶壁のイメージがありますが、モンテロッソは駅を出ると、TOP写真のようにバババ―――ンとビーチが広がっています。他のチンクエテッレの村にはほとんどない、平らで広い砂浜のビーチはカカラフルなパラソルでいっぱい!

駅前はこのようにビーチ沿いの道となっていて、旧市街はこのビーチ沿いから歩いて10分ほどかかります。

こんな絶景を見ながら・・・気持ちよさそう~!!ここでこの絶景を眺めるだけも良し、パラソルを借りてあるいは無料ゾーンでゆったりと海水浴も楽しめるのが、モンテロッソの魅力の最大の魅力です。

こんな風に、岩に掘られたトンネルを抜けると、前方上には鉄道が走っています。鉄道の高架をくぐると、そこが旧市街!他のチンクエテッレの町と同様、カラフルな建物が並びますが、違うのはアップダウンがほとんどないこと。ほとんどが平地で体力的にはありがたい村です(笑)

地図の写真で分かるように旧市街はとても小さいので、くるっと周るだけなら30分もかかりません。見る場所と言えば、路地の中に現れるシマシマのサンジョヴァンニ・バッティスタ教会。普通村一番の教会の前って大き目の広場があるものですが、ここは路地の間にあって、縦写真しか全景撮影できませんでした~全景は下のギャラリーよりご覧くださいね。外もシマシマ、中も柱と窓上がシマシマです。色は深い緑なんですが、白壁とのコントラストが映えて海沿いの村の教会っぽい!

後は小さな村の醍醐味、路地やカワイイ一角を探して写真撮影。

縦写真が多いので、残りは下のギャラリーでどうぞ!

まとめますと・・・

  • 砂浜ビーチのパラソルの下でのんびりしたい方はここ。
  • 車使用の方は、おそらくここだけが車で駅まで入れます。
    (駅近く、旧市街北側に複数の駐車場あり)
  • 宿泊施設が他と比べて多い。
  • 旧市街にアップダウンが少ない

他のチンクエテッレの村、またパスに入っているレヴァンテなどを数日かけて周る場合、この村を拠点にするのも良いかと思います!

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【観光協会】
Pro-loco di Monterosso

【行き方】
ラ・スペツィアへはフィレンツェから直通あるいはピサ乗り換えで1時間40分~2時間40分、ラ・スペッツィアからは直通電車で22分。チンクエテッレポイントでは、その時期のパス有効区間の時刻表がもらえます。電車については、こちらも参照ください。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【チンクエテッレ】世界一のプレゼーペでも有名!マナローラ

  2. オルチャ渓谷の世界遺産の村、ピエンツァ

  3. トスカーナ、小さな村の10の美しい広場たち

  4. 山の中にひっそり佇む凝灰岩の村、ソラーノ

  5. チンクエテッレ、モンテロッソのトラットリア「Il Piccolo Diavolo」

  6. 世界遺産・マントヴァの名産品は「かぼちゃ」

Copyrighted Image