【チンクエテッレ】世界一のプレゼーペでも有名!マナローラ

チンクエテッレの5つの村は、果たして1日で周れるのか!?」、モンテロッソヴェルナッツァコルニリアに続く、4つ目の村の紹介はマナローラです。

まずはやはり、あの絶景を見にひたすら海方向へ向かいます。ここは砂浜のビーチはないので、皆岩場に寝そべったり、そこからダイナミックに飛び込んだりしています。

海の前のテラスに着くと、左右から下に下りられるようになっていますが、石で滑りやすい&濡れているので十分な注意が必要です。そこから見上げるマナローラはこんな感じ。

一日で5村回った時はすでに4つ目の村とあり、ここまでしか行かなかったですがテラスから下りずに右側の海沿いの道を行くと、岩壁にマナローラの全景が見られます。少し歩きますが、必見の絶景はこちら。

更に先に行くと、マナローラの墓地があり、時折、住民の方がお墓参りに来ています。ここで生まれ育った人なら、この墓地に眠れるのは最高なのでは・・・お墓参りに来る家族は大変ですが(苦笑)。

チンクエテッレの山側は、斜面一体がブドウ畑になっていて、その様子がマナローラの中にある写真パネルでも見てとれます。そのワインの中でも希少な高級ワインが「シャケトラ」というデザートワイン。このシャケトラワインの博物館が、駅から見て海と反対側のメインストリート、ディスコヴォーロ通りにあるそうです。

どこを調べても番地がないのですが興味のある方は、この坂を上って探してみてください(か、駅のインフォポイントやお店の人に聞いてみて下さい)チンクエテッレカードがあれば入場は無料、と書いてあるサイトもありますが、チンクエテッレカードのサイトには記載がないので、要確認です。

そしてもう1つはギネス認定の大物(笑)、12月8日~1月末限定なので私は行ったことがないのですが、一度見てみたい!世界最大とギネス認定もされているプレゼーぺ(キリスト誕生シーンのジオラマ)。これは地元の鉄道員だったマリオさんが30年かけてコツコツ製作し、2007年から点灯が始まったそうです。

そして2018年8月月現在は閉鎖中ですが、マナローラとその東横のリオマッジョーレ間の海沿いには「愛の小道」と呼ばれる遊歩道があります。整備された短い遊歩道なので、ゆっくり歩いても30分ほど。中間にはバールもあるので、ゆったりと絶景を楽しむことができますよ。こちらもチンクエテッレカードがあれば無料です。

まとめますと・・・

  • チンクエテッレならではの断崖絶壁にたつ様子が間近で見られる
  • アップダウンがある(特に海に下りるとき、山側のメインストリート)
  • 海沿いの遊歩道「愛の小道」の発着点
  • シャケトラワインの博物館がある(らしい)
  • 12月8日~1月末までは世界最大のプレゼーペが見られる
ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【行き方】
ラ・スペツィアへはフィレンツェから直通あるいはピサ乗り換えで1時間40分~2時間40分、ラ・スペッツィアからは直通電車で11分。チンクエテッレポイントでは、その時期のパス有効区間の時刻表がもらえます。電車については、こちらも参照ください。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

 

関連記事

  1. ルッカ北部の「スコットランド風」の美しい村・バルガ

  2. 「イタリアのジェラート屋ベスト100」入り!ボルセーナの「Lolla」

  3. 大理石に囲まれた「ラルド」の村、コロンナータ

  4. グレーヴェ・イン・キアンティ、黒鶏でお馴染みのキアンティ・クラッシコの里

  5. ジッリオ島の玄関口、カラフルでキュートな港町・ポルト

  6. 崩壊した要塞が絶景ポイント!カンピリア・マリッティマ

  1. 小さい子供と都会観光、大人も子供もストレスのたまらない方法!

    2018.09.21

  2. 旅の一番の思い出とは、やはり「人との出会い」だと思う

    2018.09.20

  3. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

    2018.09.19

  4. ギリシャ・ロードス島・ロードス、古・旧・新の3エリアを1日で周る

    2018.09.18

  5. 3か月1週間ぶりの学校再開\(^o^)/・・・と思ったら(ガックシ)

    2018.09.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image