日本にはない?イタリアの中学校の教科その3・Storia dell’Arte

日本の中学にも、「美術」はありますが、私の記憶が正しければ、主に実技とかマテリアル、色の話だけだったような・・・イタリアでも、もちろんそれらもあるのですが、とにかくスゴイ\(◎o◎)/!のは、「Storia dell’Arte = 美術史」。日本だと「世界史」の中で、超有名どこをサラッと触れるだけでしょうが・・・こっちは、ガーーーッツリ、この美術史の教科書、なんと400ページ!!中学3年間同じ教科書とはいえ、それでもすごいページ数、さすが本場でございます💦

どっから始まるのかと思ったら、なんと先史時代のラスコー洞窟の壁画!!これ、宿題で模写もありました。

IMG_1258

絵画だけでなく、建築もあります~これはローマ時代のパンテオン

IMG_1259

建築も現代まで続き、パリのエッフェル塔も!

IMG_1265

絵画ではもちろん、まさに本場のジョットとか~ちなみに、ジョットはおらが村から北西に車で15分のヴィッキオの生まれです! (ちょっとドヤ顔)

IMG_1261
これはパドヴァのスクロヴェー二礼拝堂ですが、
1.空間はどのように表現されていますか?

2.どのレリーフに感情や情動が表現されていますか?
3.ビザンチンやドゥッチョの絵画の伝統と、ジョットの違いは?

こんな深い質問まで!

それから、もちろんルネッサンスもたんまり、ありーの

IMG_1263
更に近代ではキューバ革命下の美術や
IMG_1266
NY派のジャクソン・ポロックまで!
IMG_1267

おかげで長男、なんか美術に興味も持ち始め、「ウフィッツィに行きたい」「アカデミアに行きたい」、などと頻繁に言うように・・・それで、「じゃ、行こうか」って行ける場所に住んでるのに感謝~ウフィッツィはこのお正月休みに行ってきたので、アカデミアは今年のハイシーズンが終わってからかなー。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 初めての「野草の晩餐」

  2. 集まるとパワーアップするもの。それは、天然酵母と気の合う友人たち

  3. イタリア版寅さん?12月は「レオナルド・ピエラッチョ―二」の映画を見るべし!

  4. 「~ソン」しかない?アイスランドの苗字の法則

  5. 暑い夏のランチは、「トスカーナ風前菜盛り合わせ」に限る!

  6. 日々の発信&セルフマガジンの効果を感じる、嬉しい再会が続きます

  1. イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

    2019.07.19

  2. 期間限定!老舗「とよす」の夏のあられが可愛い&美味しい

    2019.07.18

  3. 洗練された西天満のイタリアン「オステリア・コモド・ヒロ」

    2019.07.17

  4. 夏に日本に帰省しても、食べておきたいもの

    2019.07.16

  5. 迫力満点!ジャンボ飛行機が間近に見られる、大阪空港の人気スポット

    2019.07.15

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image