日本にはない?イタリアの中学校の教科その3・Storia dell’Arte

日本の中学にも、「美術」はありますが、私の記憶が正しければ、主に実技とかマテリアル、色の話だけだったような・・・イタリアでも、もちろんそれらもあるのですが、とにかくスゴイ\(◎o◎)/!のは、「Storia dell’Arte = 美術史」。日本だと「世界史」の中で、超有名どこをサラッと触れるだけでしょうが・・・こっちは、ガーーーッツリ、この美術史の教科書、なんと400ページ!!中学3年間同じ教科書とはいえ、それでもすごいページ数、さすが本場でございます💦

どっから始まるのかと思ったら、なんと先史時代のラスコー洞窟の壁画!!これ、宿題で模写もありました。

IMG_1258

絵画だけでなく、建築もあります~これはローマ時代のパンテオン

IMG_1259

建築も現代まで続き、パリのエッフェル塔も!

IMG_1265

絵画ではもちろん、まさに本場のジョットとか~ちなみに、ジョットはおらが村から北西に車で15分のヴィッキオの生まれです! (ちょっとドヤ顔)

IMG_1261
これはパドヴァのスクロヴェー二礼拝堂ですが、
1.空間はどのように表現されていますか?

2.どのレリーフに感情や情動が表現されていますか?
3.ビザンチンやドゥッチョの絵画の伝統と、ジョットの違いは?

こんな深い質問まで!

それから、もちろんルネッサンスもたんまり、ありーの

IMG_1263
更に近代ではキューバ革命下の美術や
IMG_1266
NY派のジャクソン・ポロックまで!
IMG_1267

おかげで長男、なんか美術に興味も持ち始め、「ウフィッツィに行きたい」「アカデミアに行きたい」、などと頻繁に言うように・・・それで、「じゃ、行こうか」って行ける場所に住んでるのに感謝~ウフィッツィはこのお正月休みに行ってきたので、アカデミアは今年のハイシーズンが終わってからかなー。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリアでの初めてのクリスマス、舅からの衝撃のプレゼントとは?

  2. イタリアの子供が一度はハマる!「フィグリーネ」とは?

  3. あずきと酢味噌と蜜蝋ラップ

  4. 斜塔だけじゃもったいない!ピサのドゥオモで入って欲しい施設3つ

  5. イタリア帰国前カウントダウン、毎年ゆらゆらと渦巻く気持ちは・・・

  6. 分かっちゃいるけど「イラッ」となる、イタリアの製品3選

  1. シエナのパノラマポイント「マンジャの塔とファッチャトーネ」、ど…

    2019.04.21

  2. 分かっちゃいるけど「イラッ」となる、イタリアの製品3選

    2019.04.20

  3. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

    2019.04.19

  4. イタリアの学校の休み、1年のうちどれくらい!?

    2019.04.18

  5. シエナ南の「クレーテ・セネージ」、粘土質の大地が織りなす自然美…

    2019.04.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image