ヴェネツィア・ムラーノ島のガラス博物館で、いちばん興奮したもの

ここでランチする前に、まずはご希望だったガラス博物館に行ってきました。ムラーノ島は2006年に両親と来たけれど、ささっと散策しただけだったので私も初めて入る博物館にワクワク💛

大き目の荷物がある人は、ロッカーに荷物を預けて。1階フロアには簡単なムラーノのガラスの歴史や製作過程のビデオが上映されています。それを見て2階の展示室へ・・・中央にあるのが、この部屋。ムラーノガラスのシャンデリアにフレスコ画、ああ、もうこの雰囲気だけでウットリしちゃいますね・・・最盛期だった1300~1600年代の作品が展示されています。同フロアにはこのようなエレガントなムラーノガラスが、そして1階は近代的なムラーノガラスなど、時代ととも変遷する様子も興味深く展示されています。

でも私が一番興奮したのは・・・コレなんです。

こんなのがズラ――――――っと並んだ、ビーズの部屋。

番号が振ってあるってことは、品番?これだけ緻密で、少しの違いで別品番があるというのに驚き、それを忠実に製作できると思うとそれも驚きです。

いかにもムラーノっていうのが、この花模様を寄せ集めた柄。先に1階でこの柄の製作の様子が出てきたので、それを思い出しながらじっくり観察しました。

ちょっと大きめのビーズもあります。そのまんま使っても、存在感あるネックレスになりそう。

そして何気にツボだったのが、最後のコレ!

タコが上からぶら~んと!ムラーノ島に来られたら、おススメの博物館です。

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. アテネで私たちをおそった、思いもよらない悲劇

  2. 超観光地で「良いレストラン」を見つけるには?

  3. マレンマ地方の歴史を紐解く、「凝灰岩の町」考古学公園

  4. 黄色と緑がまぶしくて、美しくて・・・春のオルチャ渓谷はやっぱり最高でした

  5. ムラーノ島で食べた、スペシャルパスタ

  6. 近代彫刻巨匠の作品が無料で見られる!フィレンツェ「マリーノ・マリーニ美術館」

  1. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  2. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  3. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  4. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  5. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image