ヴェネツィア・ムラーノ島のガラス博物館で、いちばん興奮したもの

ここでランチする前に、まずはご希望だったガラス博物館に行ってきました。ムラーノ島は2006年に両親と来たけれど、ささっと散策しただけだったので私も初めて入る博物館にワクワク💛

大き目の荷物がある人は、ロッカーに荷物を預けて。1階フロアには簡単なムラーノのガラスの歴史や製作過程のビデオが上映されています。それを見て2階の展示室へ・・・中央にあるのが、この部屋。ムラーノガラスのシャンデリアにフレスコ画、ああ、もうこの雰囲気だけでウットリしちゃいますね・・・最盛期だった1300~1600年代の作品が展示されています。同フロアにはこのようなエレガントなムラーノガラスが、そして1階は近代的なムラーノガラスなど、時代ととも変遷する様子も興味深く展示されています。

でも私が一番興奮したのは・・・コレなんです。

こんなのがズラ――――――っと並んだ、ビーズの部屋。

番号が振ってあるってことは、品番?これだけ緻密で、少しの違いで別品番があるというのに驚き、それを忠実に製作できると思うとそれも驚きです。

いかにもムラーノっていうのが、この花模様を寄せ集めた柄。先に1階でこの柄の製作の様子が出てきたので、それを思い出しながらじっくり観察しました。

ちょっと大きめのビーズもあります。そのまんま使っても、存在感あるネックレスになりそう。

そして何気にツボだったのが、最後のコレ!

タコが上からぶら~んと!ムラーノ島に来られたら、おススメの博物館です。

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. 創業175年の老舗・ブサッティで一生モノのフキンを手に入れる

  2. 【我が家の食卓】ターキーのストラッチェッティ(パン粉焼き)

  3. ソラマメはイタリア語でFAVA、トスカーナでは・・・

  4. イタリア語のリスニング力を鍛える、簡単で最良の方法

  5. バルディー二庭園には行けなくても!おらが村で満開の藤を堪能

  6. 初夏の夜に響く、おらが村の「セレナーデ」

  1. 「バロネッサ」っていったい何者?イタリア貴族の名称と格付けを調…

    2019.02.23

  2. 意外と知らない、化粧品の使用期限は?

    2019.02.22

  3. 【我が家の食卓】包まないトルテッリーニ「クアドルッチ」は、簡単…

    2019.02.21

  4. フィレンツェのバール「キアーロスクーロ」で、手早くランチ&変わ…

    2019.02.20

  5. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その4・選べる楽器

    2019.02.19

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image