ヴェネツィア・ムラーノ島のガラス博物館で、いちばん興奮したもの

ここでランチする前に、まずはご希望だったガラス博物館に行ってきました。ムラーノ島は2006年に両親と来たけれど、ささっと散策しただけだったので私も初めて入る博物館にワクワク💛

大き目の荷物がある人は、ロッカーに荷物を預けて。1階フロアには簡単なムラーノのガラスの歴史や製作過程のビデオが上映されています。それを見て2階の展示室へ・・・中央にあるのが、この部屋。ムラーノガラスのシャンデリアにフレスコ画、ああ、もうこの雰囲気だけでウットリしちゃいますね・・・最盛期だった1300~1600年代の作品が展示されています。同フロアにはこのようなエレガントなムラーノガラスが、そして1階は近代的なムラーノガラスなど、時代ととも変遷する様子も興味深く展示されています。

でも私が一番興奮したのは・・・コレなんです。

こんなのがズラ――――――っと並んだ、ビーズの部屋。

番号が振ってあるってことは、品番?これだけ緻密で、少しの違いで別品番があるというのに驚き、それを忠実に製作できると思うとそれも驚きです。

いかにもムラーノっていうのが、この花模様を寄せ集めた柄。先に1階でこの柄の製作の様子が出てきたので、それを思い出しながらじっくり観察しました。

ちょっと大きめのビーズもあります。そのまんま使っても、存在感あるネックレスになりそう。

そして何気にツボだったのが、最後のコレ!

タコが上からぶら~んと!ムラーノ島に来られたら、おススメの博物館です。

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. ミケランジェロ・ファン必見!フィレンツェ「ブォナッロ―ティの家」

  2. イタリア滞在、宿泊施設のどこにこだわる?~日本とイタリアの違い

  3. 【イタリアの電車】「フィレンツェ+〇〇駅」、旧市街へはどこで下りる!?

  4. 斜塔だけじゃもったいない!ピサのドゥオモで入って欲しい施設3つ

  5. フィレンツェ北部「キー二・マニファクチュア市立博物館」で、イタリアン・リバティに酔いしれる

  6. 大晦日の大夕食会「チェノーネ」、どんなメニュー?どれだけ食べる?

Copyrighted Image