私にとっての「1月17日」

昨日・1月17日は、私にとって特別な日・・・いや、「鬼門」とも言える日です。日本で1月17日の朝、イタリアでは16日の晩のフェイスブックのタイムラインでは阪神大震災関連の投稿がたくさん上がってきました。

忘れもしない23年前のあの日、私は卒業間際の大学生で、東京で生活していました。朝出かけ間際にささっとTVで見た時には、神戸で地震、死者5名?とかであまり気にかけずにそのまま大学の図書館へ、用事を済ませに行きました。たまたま知り合いにも合わず、そのまま夕方に新宿のバイト先に行くと「アンタ、実家は大丈夫なの!?」すぐにはその言葉を理解できませんでしたが、話を聞き、顔面蒼白に。公衆電話の方がつながりやすいと言うので新宿駅まで走りました。何度かけてもつながらず、泣きながら、何度も再ダイヤル・・・大阪の方がつながりやすいかも!と祖母宅にかけてつながり、家族の無事を知ったのでした。

それから、確か2年後の1月17日。大阪で就職が決まって実家に帰り、仕事で忙しくしていた頃、この日も夜遅く家に着くと・・・電気がすべて消えていて、鍵もかかっており、誰もいないテーブルに置かれた置手紙を見て、全身が凍り付きました。母が交通事故。書いてあった病院に電話すると、命はとりとめたものの、頭部を強く打っており、他にも顎やお尻の骨が折れ、外傷が酷く、後遺症が残る可能性があるとのこと。4か月後に退院したものの、1年くらいはヨチヨチ歩きでフラフラしていた母ですが、幸い後遺症は残らず、今ではそれが信じられないくらい元気です。

それから確か8年後、私が結婚した翌年の1月17日。私のイタリア留学の時も、誰よりも応援してくれた祖父が亡くなりました。88才だったし、数年闘病生活をしていたので上の2つより衝撃的ではなかったけれど。祖父の意向で私には危篤は知らされず、両親からも大丈夫だから来るなと言われ、帰国しなかった。私がイタリア人と付き合っていることを知り、「何しにイタリアへ行ったんや!」とちょっと怒っていたらしいけど(笑)、結婚前にダンナが来日した時は「エエ男や、変な日本人よりよっぽどエエ」(笑)と太鼓判を押してくれた祖父。今でも私たちを見守っていてくれるような気がするなぁ・・・

こんな訳で、私にとっては事件がありすぎるくらいの1月17日。今年は何もないよな!?と毎年ちょっと気になるんですが、2018年の1月17日は雹が降った日がさしたり変な天気、てこと以外は何も変わったことのない、平穏な1日で終わりました。いつ、何があるか分からない。前にもこんなことを書きましたが、こんな平穏がいつまでも続きますように。

関連記事

  1. 兵庫県川西市のあじさいの名所・頼光寺

  2. バルディー二庭園には行けなくても!おらが村で満開の藤を堪能

  3. 【我が家の食卓】菜の花とアンチョビのパスタ

  4. 【我が家の食卓】パスタもソースも全て手作り、極上ラザニア!

  5. 黄色と緑がまぶしくて、美しくて・・・春のオルチャ渓谷はやっぱり最高でした

  6. 創業175年の老舗・ブサッティで一生モノのフキンを手に入れる

Copyrighted Image