超ワイルドな、毛付きの生ハム

先日マンマの家でランチした時、もらってきたもの・・・毛!?
これ、イノシシの生ハムです。義妹のお舅さんがハンターで、仕留めたイノシシを自ら生ハムを作ったそうで。なんで毛を残したのかは謎ですが、なんともインパクト大な生ハムちゃん。

肉は黒みのある赤で、真空パックを開けた時の香も豚の生ハムと言うより、牛の生ハム・ブレザウラっぽい感じ。肉が固そうなのもあって、ダンナにスライスしてもらいました。

多少の癖はありますが、独特の味わいと強めの塩がたまらない~赤ワイン欲しい~!!イノシシ肉大好きな長男も超気に入って、開けた翌日から、学校のおやつにこの生ハムのパニーノ持参しています(笑)

関連記事

  1. 写真展「トスカーナ、私が恋した小さな村」開催中です!

  2. 最近、必ず毎日チェックしてること

  3. 物欲ゼロだけど、「いつでも旅立ちたい」のが私です

  4. イタリアの学校は今、成績表のシーズンです

  5. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その1・Tecnologia

  6. 【我が家の食卓】臓物好き家庭の、基本のトリッパの煮込み

  1. アテネで私たちをおそった、思いもよらない悲劇

    2018.09.22

  2. 小さい子供と都会観光、大人も子供もストレスのたまらない方法!

    2018.09.21

  3. 旅の一番の思い出とは、やはり「人との出会い」だと思う

    2018.09.20

  4. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

    2018.09.19

  5. ギリシャ・ロードス島・ロードス、古・旧・新の3エリアを1日で周る

    2018.09.18

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image