超ワイルドな、毛付きの生ハム

先日マンマの家でランチした時、もらってきたもの・・・毛!?
これ、イノシシの生ハムです。義妹のお舅さんがハンターで、仕留めたイノシシを自ら生ハムを作ったそうで。なんで毛を残したのかは謎ですが、なんともインパクト大な生ハムちゃん。

肉は黒みのある赤で、真空パックを開けた時の香も豚の生ハムと言うより、牛の生ハム・ブレザウラっぽい感じ。肉が固そうなのもあって、ダンナにスライスしてもらいました。

多少の癖はありますが、独特の味わいと強めの塩がたまらない~赤ワイン欲しい~!!イノシシ肉大好きな長男も超気に入って、開けた翌日から、学校のおやつにこの生ハムのパニーノ持参しています(笑)

関連記事

  1. 家族での外食に、シーフード料理店に行く理由

  2. お得?それとも損?~最近多い、「共通券」の良し悪し

  3. イタリア語で履歴書を作るなら LiveCareer が便利!

  4. イタリアから日本に帰省してすぐ、とまどってしまうこと

  5. おじいちゃんの器で頂く新スープ「スーラータン」

  6. どうしてモニターツアーをしようと思ったのか

  1. 「共通の好き」さえあれば、こんなに盛り上がれる!

    2018.07.18

  2. 2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=デザ…

    2018.07.17

  3. 2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=セコ…

    2018.07.16

  4. 2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=プリモ

    2018.07.15

  5. 2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=前菜

    2018.07.14

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  4. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

  5. フィレンツェ北部の山の中、アントネッラのアグリツーリズモ

    2015.03.17

Copyrighted Image