海外でウケる!折り紙のちょっとした使い方

海外で知られる日本の文化の1つに、「折り紙」があります。フィレンツェでも折り紙の先生・アーティストとして活躍する友人がいますがそれくらい、イタリアでもけっこう浸透しています。私は見ないでできるのは鶴くらいですが、本を見て折ることも。昔は手裏剣、パクパク、動物、乗り物系をよく息子らに折ったなぁ←遠い目最近はそれほど折る機会がないですが、たまに折ります。それはこんな風に使うため・・・

誕生日プレゼントの、カードの代わりに!

これね、無反応の人もたまーにいるけど(滝汗、しかもビリビリに破くし)だいたいが「うわ~ORIGAMI!クミコが折ったの!?」とウケがいいんです。日本人が本見て折ったら1つ1分もかからないような簡単なものですがそれでも、ドヤ顔ができる\(^o^)/今回は、女の子に桃、男の子に象とかたつむりを折りましたが、この使い方をするためには、書く面積がないといけません。鶴は羽の部分にあるっちゃあるけど、立体的なモノより平面的なモノの方がベター。

 

海外に留学する方、転勤される方、移住する方、何かの機会に折り紙すると、ドヤ顔できます・・・いやいや、喜んでもらえるので簡単な折り紙の本と折り紙、持っていくといろいろ使えますよ。

関連記事

  1. 中国人による「なんちゃって寿司」は、進化しているのか?

  2. トスカーナの我が家に、無事に到着しています

  3. おらが村・かわいい野生の花図鑑♥

  4. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

  5. イタリア人でもイタリア語で何と呼ぶか分からないモノ

  6. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image