海外でウケる!折り紙のちょっとした使い方

海外で知られる日本の文化の1つに、「折り紙」があります。フィレンツェでも折り紙の先生・アーティストとして活躍する友人がいますがそれくらい、イタリアでもけっこう浸透しています。私は見ないでできるのは鶴くらいですが、本を見て折ることも。昔は手裏剣、パクパク、動物、乗り物系をよく息子らに折ったなぁ←遠い目最近はそれほど折る機会がないですが、たまに折ります。それはこんな風に使うため・・・

誕生日プレゼントの、カードの代わりに!

これね、無反応の人もたまーにいるけど(滝汗、しかもビリビリに破くし)だいたいが「うわ~ORIGAMI!クミコが折ったの!?」とウケがいいんです。日本人が本見て折ったら1つ1分もかからないような簡単なものですがそれでも、ドヤ顔ができる\(^o^)/今回は、女の子に桃、男の子に象とかたつむりを折りましたが、この使い方をするためには、書く面積がないといけません。鶴は羽の部分にあるっちゃあるけど、立体的なモノより平面的なモノの方がベター。

 

海外に留学する方、転勤される方、移住する方、何かの機会に折り紙すると、ドヤ顔できます・・・いやいや、喜んでもらえるので簡単な折り紙の本と折り紙、持っていくといろいろ使えますよ。

関連記事

  1. 子供とスキーを楽しむためには

  2. お家でも、ランプレドット!!

  3. イタリアの町づくりは、とにかく残す、不便でも残す、受け継いでいく。

  4. 離れた家族と、どれくらい頻繁に電話しますか?

  5. かつてはだんだん小さくなって、今度はだんだん大きくなってるもの

  6. ピサの斜塔とポーズして写真を撮る時のコツ

  1. 本当に豊かな食生活とは?

    2019.09.20

  2. 栗にトリュフに新オイル?味覚の秋のトスカーナ・月別のイベント&…

    2019.09.19

  3. 【レポート】手打ちパスタだけではない!ランプレドット&トリッパ…

    2019.09.18

  4. 3か月と2日ぶりの学校が始まった!・・・が!Σ( ̄ロ ̄lll)

    2019.09.17

  5. カスティリオーネ・アッラ・ペスカイアのオシャレな人気レストラン…

    2019.09.16

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image