おじいちゃんの器で頂く新スープ「スーラータン」

スーラータンって知ってますか?たまたまレシピブログのメルマガの「白菜と生姜のスープ特集」を見て美味しそう!!となったのが、こちら。

あったか☆白菜とキクラゲのスーラータン

調べてみると、漢字では「酸辣湯」と書き、読み方は「サンラータン」「スーターラン」酢が入った中国の四川・湖南料理だそうです。ちょうど白菜、生姜、そしてキクラゲもあったので、作ってみました。

しかし、器は何にしよう?西洋のスープ皿はちょっと違うし、かと言って丼ぶりはデカすぎる・・・思い出したように戸棚から引っ張り出したのは、コレ。

陶芸が趣味だったおじいちゃんの形見。左のお茶碗もおじいちゃんのものと思ったけど、裏を返せば日付と私の名前が・・・どうやら20年前の夏の北海道旅行でした陶芸体験の作品でした💦

おじいちゃんの作品には、名前の一文字が入っています。

そして出来上がったスーラータン・・・何これ!めちゃ美味しい\(^o^)/生姜やネギもたっぷりで体にもいいし、酸味のあるスープってなんか新鮮。これはヘビロテになりそうです。

関連記事

  1. お得?それとも損?~最近多い、「共通券」の良し悪し

  2. イタリアの父の日は3月19日&トスカーナではお父さんを何と言う?

  3. トスカーナの山ン中で、大人のパジャマパーティ

  4. これぞホンモノ!ヴェネツィアのガラス職人、ブルーノ・アマディ

  5. 緑の大地に白い斑点・・・マレンマは羊だらけ!

  6. イタリアのティッシュを使い慣れると、もう日本のには戻れない

Copyrighted Image