イタリアのティッシュを使い慣れると、もう日本のには戻れない

日常家庭雑貨については、基本何でも日本の方が優れモノが多く、帰省の時に持って帰ってくるようにしています。(その際たるものが、ラップ!!!これまたネタにします)

が!その逆で、イタリアのモノの方が良くて、帰省時に日本のモノを使うと物足りないもの・・・それは、ティッシュです!!イタリアに来て最初の数年は、日本のティッシュの方が好きだったんですよ。でもだんだんと、イタリアン・ティッシュの良さに気付き始め、今では帰省の時に持っていきたいほど気に入っています。その理由は、

1) 分厚い&丈夫
もうねぇ、ビーーーンとどれだけ鼻をかんでも、ちょっとこぼしたものを拭くのでも、分厚いので丈夫、へこたれない。これを日本のでやると、薄くて鼻水やこぼしたもんが手について意味なし。日本で鼻かむときは半分に折るか2~3枚重ねないと
イタリアン・ティッシュのようには使えません。

ちなみに大きさはこんな感じ。大きさが分かりやすいようにい、ティースプーンを置いています(笑)。

 2) コンパクト&シール付き
これはポケット・ティッシュ、イタリアのはこんなんです。

そして、素晴らしいのが取り出し口の、この開閉可能なシール!!日本のポケットティッシュって1枚も薄いけど、パックも薄いですよね?で、いったんナイロンの切り目をピリピリっと破って使いだすとバッグやポケットの中でよれる、そこからティッシュがびろ~んと出てきます、よね?イタリアン・ポケットティッシュなら、それがないんです!シールにゴミがついて開いたままにしてしまっても、開口部が小さいので、ティッシュが出てくることはありません。

3) ディテールが可愛い!
メーカーによって違いますが、だいたい四方にこんな型押しプリント付き♡

私も手に取ってイタリアン・ティッシュを使ってみたい!という方、旅行で来た時にぜひスーパーでご購入下さい。

しかもこないだ買ったこれ、ポケットには入ったまま洗ってもぐちゃぐちゃにならない新仕様らしい。お値段は、安いモノなら10パック1ユーロくらいです。ちなみにイタリアでは箱ティッシュは大きいスーパーでないと売っておらず、家で使う場合でもポケット・ティッシュが普通。日本だと逆で、「ポケット・ティッシュはタダでもらうモノ!」なのか あまり売ってないですよね?その違いも面白いなー。

関連記事

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

  2. 2018夏、オルチャ渓谷の車窓から

  3. おらが村の幼稚園は、なんとレベルが高かった!?

  4. 次男の「初聖体拝領式」・レストラン編

  5. ハーフの息子たちに日本人DNAを感じること

  6. 自然には敵わない~2019年、おらが村のオリーブの状況

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image