イタリアの注射器の、もう1つの使い方

以前に反響も大きかったこの記事 = イタリアでは「おうち注射」は当たり前。なんと、今回注射だけでなく、違う使用方法を小児科の先生から伝授されました。それは、これ!じゃじゃん!!

次男が風邪で頭痛もひどかったので、先生に診てもらったら絶対鼻水が原因だから、とこれらを買うように指示されました=これは「鼻うがい」をするためのもの。この左の瓶は、塩化ナトリウム水で薬局で2ユーロ。鼻うがい用の塩水は家でも作れるらしいけど、初めてだし楽なので購入しました。注射器は普通に売ってるので、COOPでCOOPブランドの注射器!!

先生に言われたように、瓶の蓋を開けたらゴム部分が出てくるので、そこに注射器の針をぶちゅっと刺し・・・

これを逆さにしてピストンをひき、液体を注射器の中に入れます。そして水色んところから針を残したままシリンガーだけ離脱させあとは頭を洗面台に傾けさせ、上にくる鼻孔にゆっくり水を押し出し、下の鼻孔から出すだけ~。前にネットで調べた時に鼻うがいポットというのも見つけたけど注射器、何気に使えるな(笑)

私も鼻風邪が多いので、次回風邪ひいた時は自分でもやってみたいと思います!

関連記事

  1. 超ワイルドな、毛付きの生ハム

  2. 美術館に入らずとも美術鑑賞ができてしまう、それがフィレンツェ。

  3. 痛んだ&まずいリンゴを美味しく消費する方法

  4. どうしてモニターツアーをしようと思ったのか

  5. これぞホンモノ!ヴェネツィアのガラス職人、ブルーノ・アマディ

  6. イタリアで初めて買ったレンコンで、何作る!?

Copyrighted Image