【我が家の食卓】菜の花とアンチョビのパスタ

スーパーでチーマディラーパを見つけたので、久々に食べたくなったこのパスタ。チーマディラーパはイタリア全土で採れますが、プーリアが特産らしく、プーリア料理によく登場します。チーマディラーパは直訳すると「カブの先端」ですが、日本の菜の花に相当します。詳しくはこちらのサイトを。菜の花=春のイメージですが、旬は冬。ご覧のように花が咲く前の蕾ができる前の状態で売られており、葉がメインという感じです。パスタは、南イタリアでよく使われるアンチョビとともに食べるのが定番!プーリアでは郷土パスタのオレッキエッテを使いますが、うちは在庫がなかったので、ライン入りのファルファッレを使用しました。

材料(2人分)

◎ チーマデイラーパ・2~3本 ◎アンチョビのオイル漬・5~6枚 ◎ニンニク・1かけ ◎オリーブオイル、塩・適量 ◎パスタ・160g

作り方

1.チーマディラーパの細い茎を太い茎から取り、洗って食べやすい大きさにちぎっておく(火を通すと小さくなるので、大きめでOK)。パスタ用のお湯を茹でておく

2.ニンニクをみじん切りにし、たっぷりのオリーブオイルで炒める

3.2.に1.のチーマディラーパを入れて、しんなりするまで炒める

4.3.にアンチョビを入れ、適度にとけるくらいかきまぜる。

5.パスタがゆで上がったら、4.と混ぜて出来上がり!

 

関連記事

  1. カラブリア ⇔ おらが村、意味不明の3か月往復の旅

  2. 美術館に入らずとも美術鑑賞ができてしまう、それがフィレンツェ。

  3. Equinozio di Primavera = 春分の日は・・・雪!!

  4. 海外でウケる!折り紙のちょっとした使い方

  5. 創業175年の老舗・ブサッティで一生モノのフキンを手に入れる

  6. 黄色と緑がまぶしくて、美しくて・・・春のオルチャ渓谷はやっぱり最高でした

Copyrighted Image