痛んだ&まずいリンゴを美味しく消費する方法

これってバナナとか他のフルーツにも言えることですが・・・ズバリ、お菓子にする!です。お菓子にしなくとも、火を通す、かな。

こないだ買ったリンゴがはずれだったうえ、袋ごと勢いよく落としてしまい、生では食べられない状態。そこで、友人の木蓮さんに教えてもらった、超簡単なリンゴのクランブルを作りました。

打って茶色くなったところは切りとって、それ以外を適当な大きさに切る&上から他の材料をのせるので、切り方や大きさはホント適当で大丈夫なのが嬉しい。

私は粉と砂糖の種類を元レシピとは違うものでやったので、なんかサラッサラになちゃったけど、味はグ~!あんなに粉っぽくてまずかったリンゴもしっとり美味しくなった♪ これで捨てることなく全部使い切ることができました、めでたし、めでたし!

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. 暑苦しさをとるか、心苦しさをとるか

  2. 日本じゅうにあふれる、イタリア語いろいろ

  3. イタリアのティッシュを使い慣れると、もう日本のには戻れない

  4. ハーフの息子たちに日本人DNAを感じること

  5. 日伊バイリンガル息子たちの、興味深いイタリア語→日本語変換例

  6. 家族旅行にも欠かせない我が家の救急箱は、「メディカル・アロマセット」

Copyrighted Image