和・伊から選べる贅沢朝食が自慢!フィレンツェ北部のB&B・gnamo gnamo

フィレンツェ北部のバルベリーノ・ディ・ムジェッロの森の中に、まさに自然に囲まれた中に建つお家、そこがB&Bのgnamo gnamoです。建物の2階にはオーナーご夫妻が住んでおり、宿泊のアパートはその下。こんなに不揃いな石に黄色の塗装のコンビネーション、可愛い外観にテンションが上がります。

中に入ると、薪ストーブもある大きなリビングにダイニング・キッチン。車で来られる方は自炊もできるし、自炊されなくてもティーパックやカッフェなども用意されているので、温かい飲み物もいつでも飲めて便利。

そしてキッチンの左には廊下があり、そこにダブルベッドルーム、ツインベッドルームが各1部屋づつ、シャワー&トイレがあります。リビングのソファーも1つはソファーベッドなので、最大5名まで宿泊することができます。

お部屋には、奥さんお手製のカードも添えてあってほっこりします♥

そして、ここの目玉はやっぱりこの朝食!奥さまが朝、希望時間に運んできてくださるのですが、なんと和食・イタリアンが選べるのです。和食の場合は、こんな感じ・・・イタリアに住んでて、あるいは滞在されていて、美味しい和食が食べたい!という方にはヨダレものの・・・

このお漬物やキムチ、納豆(!)、干物も全部手作り!そしてご飯も雑穀米で味わい深く、もう何杯でもおかわりしてしまいそうな勢い!!ここで美味しいものをたらふく食べると、お昼ご飯はいらないくらい充実しています。そしてこのB&Bのマスコットであるダックスフントちゃんの焼き印、木のプレートも超可愛いくて、目でも楽しめます。

イタリアンの場合は天然酵母のパンや自家製ヨーグルト、自家製ベーコンに飼育している鶏の卵、畑のサラダ、とイタリアンの場合も全て手作りというごちそう。和もイタリアンも捨てがたい・・・悩ましい問題が・・・でも、朝食両方食べるために2泊する!という十分な理由になるくらい、極上の朝ごはんです!メニューはその時で内容が変わるので、それも当日のお楽しみ。そしてオプションでこんな夕食もつけられます~こちらも野菜を中心とした、ヘルシーでかつボリュームいっぱいの内容になっています。

ここのご自慢はこれだけでなく、たくさんの動物たちもいるのでお子さん連れのご家族にも最適!森の中を散策して、こんな絶景も堪能できます。

季節ごとの風景や植物を堪能できるのも、自然まっただ中のここならでは。最寄りのバス停からはフィレンツェ直行のバスが出ていたり、近くにデザイナーズ・アウトレットやフィレンツェ人の夏のオアシス・ビランチーノ湖、30分で「イタリアの美しい村」にも選ばれているスカルペリアにも行くことができます。

詳細情報や他の写真、お問合せは、直接 gmano gnamo へどうぞ!
お家レストラン Cucina e B&B “gnamo gnamo”

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

  2. 「アルベルゴ・ディフーゾ」型のアブルッツォのアグリツーリズモ「La Canestra」

  3. ヨーロッパいち大きなサボテン

  4. フィレンツェ「KONNUBIO」で、ちょっと贅沢なハーフポーションランチを

  5. スヴェレート近郊B&B「ベルヴェデーレ」、おとぎの村で極上のトルテッリを食す

  6. おらが村の特産白桃「ロンダの女王」が、遂にジュースになった!

  1. 今しか見れない景色を逃すな!おらが村の銀世界

    2019.01.24

  2. トレンティーノ・アルトアディジェ州「ヴィピテーノ」、イタリア最…

    2019.01.23

  3. 私が混乱した「トスカーナ弁」その2~非人称のトスカーナ的な使い方

    2019.01.22

  4. イタリアでお呼ばれした時、日曜のランチに出てくるこの包みは?

    2019.01.21

  5. イギリス紙「Times 日曜版」記事へのトスカーナ観光担当のコメント…

    2019.01.20

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image