フレスコバルディのエノテカ「Il Quartino」で、ブドウ畑の絶景を見ながら乾杯!

フィレンツェの町はあまり大きくないので、電車や車で15分ほど北東へ行くだけで、すぐにこんな田舎風景:オリーブ畑、ブドウ畑が広がります。この辺りは、キアンティ・ルフィナという赤ワイン銘柄の生産地域。そんなブドウ畑に囲まれた中にポツン、とあるのが、イル・クアルティーノ。クアルティーノとは、ワインの250mlの瓶やデカンタを指します。

エノテカなので、テイスティングやワイン販売をしているのですが、お食事もできます!大きな窓から外が見渡せる1階の席、そして2階はテーブル数も結構あります。

さて、ワイン好きの方には説明不要なフレスコバルディ家ですが・・・13世紀からフィレンツェの記録がある、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会にも家紋が残る有力伯爵家で、ワインの醸造をなんと!1308年にスタート。現在はトスカーナに6つのワイナリーと合計1200ヘクタールもの土地を所有しています。

このイル・クアルティーノがあるのが、フィレンツェの東にあるニポッツァーノ城のエリア。私も個人的に好きな&お土産にも購入する、この地を代表するワインの1つです。もちろん、ここではニポッツァーノ以外のワイナリーのワイン約30種も、全て飲み&購入することができます!・・・ということで、まずは乾杯!

この日はちょうど3人、赤、白、ロゼとうまい具合に分かれました(笑)私が頂いた白は、このエリアから上、おらが村からほど近いポミーノ城の白です。ワインはボトルはもちろん、1~2種を除く全てグラスで飲むことができるのが嬉しい。

食事はレストランにあるようなパスタ、メインではなく、おつまみ的なものが多いです。その中でもおススメは、種類豊富なバーガー類。食材は地産地消を心掛けたものばかりで、自営の菜園の野菜や、地元のチーズ工房からのものが使われています。バーガーだけでなく、付け合わせもフライがあったり、野菜のグリルだったり、生ハムやチーズも・・・バーガー、と考えたら14ユーロは決して安くはないですが、これ1皿でホントお腹いっぱいになりますよ。

食事の後、時間があれば外の席でまったりも良し、ブドウ畑の周りを散策も良し・・・フィレンツェから車で20分ほどなのに、一面大自然の絶景の中で贅沢な時間がゆ~ったり過ごせますよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Il Quartino
Via Casentinese Bassa 16/a – Pelago
+39-055-8311426
火~日、10:00-22:00
定休日:月曜(夏季は営業していましたが要確認)

【行き方】
フィレンツェより直通バスで約45分、時刻表はこちら。お店は Pontassieve駅から5分程度でほぼ店の前まで行きますが、ぶどう畑の中のぽつんとしたバス停なので、運転手さんに Il Quartino で降りる旨を伝えましょう。帰りのバスはお店から通りを渡った向こう側です。

関連記事

  1. オリジナル作品を持ち帰れる!フィレンツェ北部で陶器の絵付けレッスン

  2. タラモーネ城壁裏のシーフードレストラン「La Buca」

  3. フィレンツェ北部「スカルペリーア」、ナイフとモータースポーツで有名な「イタリアの美しい村」

  4. おらが村の特産白桃「ロンダの女王」が、遂にジュースになった!

  5. フィレンツェは何百年もほぼ変わらない町、と実感できる1枚の絵

  6. フィレンツェのアンティークインテリア雑貨店「BOTTEGA DI CORTE」

  1. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  2. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  3. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  4. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  5. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image