軽いランチ&ワイン軽飲みに!フィレンツェ「La Prosciutteria(ラ・プロシュッテリア)」

レストランに行くほどではないけど、パニーノとか切り売りピッツァという気分ではない。時間を問わず(昼間っからでも・笑)つまみながら飲みたい!という方におススメのお店。その名も La Prosciutteria = ハム屋さん、というように、生ハムやサラミなどの種類豊富なハム類やチーズ、クロスティーニ(パテなどを塗ったスライスパン)の前菜類と素朴なお菓子、そしてワインのお店です。店内はそれほど広くないですが回転は早め、店員さんもテキパキしていてフレンドリーなので、気軽に立ち寄ってしまいます。

看板を見ると、経営はフィレンツェ郊外・モンテスペトリの食品メーカー。店は自社製品を使っており、また包装した製品も店内で販売しているので、お土産にも重宝しますね。テイクアウトのパニーノを食べる時は店前の椅子で、座ってハム類などを頼む場合は店内席を利用しましょう。

店内席に行く場合の注意が、カウンターのガラスに貼ってありますが・・・ここはレストランではないので、テーブルサービスやメニューはありません。カウンターで注文して、食べ終わったらご自分たちで片づけて下さい。それがまた気軽な感じで、いいんです!お水も自分でボトルに詰めて持っていきます。何を頼むか?は、カウンター後ろや壁に貼ってあるのですが

すでにセットになってる盛り合わせもありますが、生ハムの代わりに〇〇にして!とか、チーズは熟成にして!とかアレンジも可能。それを店員さんがくんで、タリエ―レという木の板に盛ってくれます。セルフサービスなので、基本、呼ばれたらカウンターまで取りに行きます。ワインなどの飲み物も同じで、カウンターで注文して、自分たちでテーブルに運びましょう。お皿、コップ、ナイフ&フォークは全てプラスチック製です。

そうして出てきたのが、こんな感じ!これに山盛りのパンもついてきて、15ユーロ。この日は友人と2人で、グラスワインを一杯づつ頼み、なんと1人10ユーロ!!席料もないので、ホントにお得。ご覧のようにハムだけでなくクロスティーニや野菜のグリルなどもあるので、思ったより飽きないしお腹いっぱいになります。これでも足りない場合はまたカウンターで追加しても良し、〆に甘いおやつを頼んでも。

朝の11時半からノンストップで23時まで開いているので、早めのランチ、小腹がすいたら、ちょい飲みなど、いろんなシーンに使えて便利!フィレンツェ以外にもミラノやシエナには2店舗、ボローニャやブレーシャにもフランチャイジング店があります。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

La Prosciutteria
Via dei Neri 54/r
+39-055-2654472
毎日11:30-23:00、定休日なし

関連記事

  1. チェルタルドのオステリア~Osteria Chichibio

  2. 安い・ウマい・早い、これぞ「大衆食堂」!フィレンツェの Mario

  3. モンティキエッロ「La Porta」、オルチャ渓谷の絶景を見下ろす小さなオステリア

  4. ピティリアーノ「Il Tufo Allegro」で、極上のマレンマ伝統料理を食す

  5. フィレンツェの穴場のジェラテリア、 Vivaldi

  6. ボルセーナのトラットリア「Da Guido」で、港を見ながら淡水魚に舌鼓をうつ!

  1. 我が家にヴァレンタイン・デーはございません

    2019.02.15

  2. オルチャ渓谷へはどうやって行く?どう周る?予算・難易度・自由度…

    2019.02.14

  3. 小さな集落の秘伝&限定パスタ「アコーネ風ペンネ」

    2019.02.13

  4. 【我が家の食卓】余ったボッリートを美味しく&無駄なく食べる「フ…

    2019.02.12

  5. 【我が家の食卓】ボッリート・ミストとサルサ・ヴェルデ(グリーン…

    2019.02.11

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image