いつでも無料で絶景が見られる、カンピリア・ドルチャの要塞

オルチャ渓谷の小さな村、カンピリア・ドにルチャ。ヴィーヴォ・ドルチャと同様、カスティリオーネ・ドルチャの分離集落のひとつです。近くまで来ると、アミアータ山の中腹にひょっこり見えるのが、カンピリアのシンボルであるこの塔です。村のふもとまで来ると、この通り、まさに村のてっぺんに立っているのが要塞、呼び名は要塞となっていますが、小さい塔ですね。元々はこの地を1119年~1423年まで支配していたビスコンティ家の城塞(15世紀に解体)が下にあり、塔はその権力の象徴として建てられたと言われています。

村に入ったら、こんな石畳の坂道を上って、ひたすら上を目指しましょう。村には一般住宅だけで何もないと言っても過言ではありませんが、路地やアーチが好きな人は上るだけでも楽しいです。所々の軒先に、こんな村の絵などが描かれているのも可愛いらしい。

最後には建物がなくなり、周りをくるりと囲む山道になりますが、すでにそこからの眺めも素晴らしく、自然の美しさに圧倒されることでしょう。

そして石の階段がいくか続き、最後の最後には・・・高所恐怖症の人が山道まで頑張れたとしても、これは辛いかも・・・の、急傾斜でスケスケの階段です。

しかし、これを登ればこんな絶景が待っています!

塔の上には古い鐘があるので、その囲いを額縁に見立てた写真も!

塔の下の看板にも書いてますが、「上るだけの価値があるパノラマ」を堪能したら、先ほどの階段をゆ~っくり下りて下さい。上りよりも下りの方が傾斜を感じますので、当然ですが、階段にお腹を向けて手すりをしっかり持って一歩一歩確実に。

村には他にこれと言う見所はないものの、数ある他の要塞と比べておススメな理由は、まず無料(笑)、いやそれ以上に、毎日24時間いつでも行けるので、日の出や夕焼けなど、他の要塞が開いてない時間にふらっと行けることではないでしょうか。オルチャ渓谷の中でもヴィーヴォ・ドルチャの秋祭りに来たり、バーニ・サン・フィリッポ天然温泉からは車で10分前後の距離なので、ぜひ寄ってみてくださいね!

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Proloco Campiglia d’Orcia
いつでも&無料で登れます!

【行き方】
シエナよりTiemme社のバスで直通あるいはSan Quirico d’Orcia 乗り換え。本数も少ないので、オルチャ渓谷の他の村やバーニ・サン・フィリッポ天然温泉などと合わせてハイヤーで周ることをおススメします。ハイヤー手配についてはこちらをご覧ください。

通常はグーグルマップは地図にしていますが、なんとフラッグが立たないので、分かりやすいよう写真にしました。村の中に見える山のてっぺんがカンピリアの要塞です。

関連記事

  1. 藁ロールごろごろ、トスカーナの夏の風物詩

  2. 古の集落は静寂の癒しスポット、ヴィーヴォ・ドルチャ

  3. イタリアの老舗テーマパーク「イタリア・イン・ミニアトゥーラ」

  4. ヴェネツィア・ムラーノ島のガラス博物館で、いちばん興奮したもの

  5. 世界遺産・オルチャ渓谷のパノラマが360度!テンテンナーノ要塞

  6. モンタルチーノ・フレスコバルディのワイナリー「ルーチェ」&「カステルジョコンド」

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image