甥っ子ってなんでこんなに可愛いの?~2018年のイースター

こないだの日曜日はイースターで、例年通りオルチャ渓谷のばーちゃん村で過ごしてきました。もう毎年一緒のイースターなのですが、今年の楽しみは、現在7か月目に入った甥っ子ちゃんに久しぶりに会えること♥ 子供たちの楽しみは、やはりこの卵チョコなのでしょう・・・左から長男、次男、そして極小のは甥っ子ちゃんに~もちろん彼は食べられないけど、あげたいの♪

中身は何か分からずとも、きっとこのシャカシャカした音に反応してわしづかみの甥っ子ちゃん。本当に良い子で、誰が抱っこしてもにっこり~、なので私も何回も抱っこさせてもらったけど、癒される・・・我が子はもちろん可愛いのだけど、なんだこの「無条件な可愛さ」は!!私の姉の子たちが生まれた時は私もまだ社会人になったばっかりだったから、可愛いのはもちろんだったけど、これまた違う。今は自分も2人産んで、こういう新生児期はもう遠いかなたでもう経験することはないから、その思い出も相まってか?とにかく何時間でも抱っこしたり遊んだりしたい気分になってしまう・・・たまにしか会えないから、余計にそうなのかもしれないけど。

それは弟とケンカばかりのうちの長男も同じ!?年が離れたいとこは相当可愛いらしく、いつもくっついてはほっぺをつんつん、お散歩でもベビーカーを押す(笑)一方弟である次男は、ただただおちゃらけて、うっとおしいくらい顔を近づけたりおもちゃを鳴らしまくるので、甥っ子からは泣かれる始末・・・笑える。

甥っ子以外のイースターネタは特になく、いつもように家族でいつものイースター料理を食べ、

食後は、子供たちお楽しみの卵チョコ割り。アホな次男は頭突きで開けようとしております。中にはサプライズのちっちゃなおもちゃなど。92才のばーちゃんは耳の遠さ&ボケはややひどくなってますが、相変わらずすごい食欲で元気~子ども扱い?でもらった特大BACIチョコにご満悦です。

その後は、消化のためにも森の散歩。ここ数年「イースターは天気が悪い」が定番なのですが、今年は前日不安定だったものの当日は快晴。それでもアミアータ山の山頂はまだまだ雪がいっぱいで、900mあたりのばーちゃん村もまだまだ肌寒い1日でした。

甥っ子ちゃんはイースター後はフィレンツェに滞在したり、3週間後には洗礼式もあるので、今月はあと2回会える♥どれだけ成長しているか、愉しみです。

関連記事

  1. 連載の翻訳が11年目を迎えました~時計Begin春号発売!

  2. ティベリーナ渓谷は、取材通訳初経験の思い出の地

  3. 郷土色豊か!イタリアのパスタマップ

  4. ある土曜日の、ほっこりとする2つの出来事

  5. インナーチャイルドカードって知ってますか?

  6. トスカーナで料理レッスン、どこで?誰とやる?

Copyrighted Image