2回目のAirbnb利用で感じたこと

旅行や出張の宿泊先は、どうやって探し、どうやって予約していますか?私はもっぱら Booking.com を愛用していますが、最近はそういった予約検索サイトを比較するトリバゴや、トリバゴに入っていない民泊の Airbnb も参考にします。今回、イースタ後に1泊2日でマレンマゾーンへ行く予定にした時、使い慣れたBookingでまず直前までキャンセル無料の宿を押さえました。その時は天気によっては行かないかもしれなかったので、手数料がかかる Airbnbはブックマークのみ。行くことが確定した後、ブックマークしていた Airbnb のアパートを予約して、Booking のをキャンセルしました。

今回で Airbnb を利用したのは2回目なのですが、感じたことは

◎ 他の宿泊検索予約サイトと比べ、やっぱり安い宿が多い
◎ 以前よりも、Airbnb 手数料以外はキャンセル無料物件が増えた
◎ オーナーによっては語学ができないとキツイ
◎ 語学ができない場合、オーナーがチャットなどを使いこなせないとキツイ
◎ アパート物件によっては持ってくるものが多く、外国人旅行者にはキツイ

今回のアパートはピティリアーノ、なんと1泊58ユーロで部屋からはこの眺め!!・・・ただしこの値段は、あとでオーナーと話すとシーツ・タオル一式を持参した場合=なので外国から来る人には不可能ちゃうん?と思ったわけです。タオルはまだしも、ダブルベッド2台分のシーツ一式ですから。しかし立地は最高で旧市街はすぐそば、アパート目の前に車はおけないものの、近くの道路に駐車場所は結構あるのでそれも問題なし。少し不満だったのは、給湯器が小さくシャワーをダッシュでしないと4人続けてはシャワーできなかったこと、前が主要道路なので朝方車の音がややうるさい、+カラスの鳴き声がうるさいことかな。

オーナー&借り手が言葉ができるか?チャットを屈指できるか?ですが・・・1回目使用した時はオーナーは若い女性で、チェックインの時間や質問もチャットで楽々だったのだけど、今回はピティリアーノの理髪店のおっちゃん。全て電話での会話かチャットでなくショートメッセージで、インの時間も元々夕方だったのに朝の方が良いけど無理?と前日に電話がかかってくるし、着く前に電話を入れたらチャリでやってくる、という感じ(笑)おそらく英語はしゃべれないだろうし、チャットも無理っぽかったので、シーツ持参がなかったとしても、外国人にはハードルの高い物件かなーと思いました。エエおっちゃんだったんですけどね~ちなみにチェックアウト時も電話したら、勤務中に抜け出してチャリで来てくれました(笑)

さて、次は夏のバカンス・ギリシャの宿探し・・・下調べでも、やはり他のサイトよりも Airbnb のほうが安い物件がいっぱい。イタリア国内なら問題ないけど、今度は語学の壁が・・・オーナー情報として英語OKとは書いてあっても、私たちの英語もたいしたことないのでやや心配・・・ま、何とかなるでしょう!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェで「魚料理が食べたい!」時、どこに行く?

  2. 初めての「野草の晩餐」

  3. フィレンツェ空港へのトラム2号線、2019年2月11日開通\(^o^)/

  4. イタリアの学校の休み、1年のうちどれくらい!?

  5. 今更だけど、ブレラ地区はとっても素敵でした♥

  6. イタリア旅行で「アパート滞在」を強くおススメする理由

  1. 絶景&美食!マレンマ周遊の起点に最適、コスパ抜群のアグリツーリ…

    2019.06.25

  2. 世界的人気の寿司!でも寿司は、日本の家庭料理ではありません。

    2019.06.24

  3. グルメ、イタリア語、写真、スケッチ・・・オリジナル企画ツアーを…

    2019.06.23

  4. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」…

    2019.06.22

  5. 各社サービスセンターの、チャットサポートが便利すぎる!!

    2019.06.21

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image