次男と2人、夜のピティリアーノデート

イースター休暇のマレンマ滞在、ピティリアーノこの店でディナーを楽しんだ後、「私はちょっと散歩してから帰るよ」と言うと、「僕はアパート帰る」と言う長男。皆アパート帰るのかと思ったら、「おかーさんとお散歩行く!」と次男が付き合ってくれることになりました。

イタリア全土そうですが、派手派手しいネオンは一切なく、古い町並みが柔らかいオレンジの明かりに包まれています。なんだかとっても幻想的・・・ピティリアーノは60以上の路地があるうえ高低差もあるので、歩けば歩くほど、お!というシーンに出会うことができます。

古い町並みに似合うアぺちゃん(自動三輪車)、別の路地に赤いのもありました。路地の多いこんな町では、小さくて小回りの利くアぺは大活躍なんでしょうね。

サンタ・マリアとサン・ロッコ教会、この奥(写真の右側)は明かりがほとんどなく、次男は「ブイオ(暗い)からちょっとブリーヴィドくる(震える)わ」と腕をがっちり掴んでくる(笑)

柱廊の下にあったアーチからは、下にある別の通りに出られるようになっていました。おそらく彼らもデート中?のカップルかなぁ。

商店やレストランは旧市街の東側に多く、西側のほとんどが一般住宅。昼間は洗濯物がはためき、夜はシーンとしています。

レストランから西へ向かい、ぐるりと一周してまたオルシー二宮のあるメインの広場へ戻ってきました。アパートまではもうすぐだけど、最後に行きたいのはやはり!旧市街の全景なので、いつもの絶景ポイントへ。凝灰岩の上に聳えるその姿、夜にライトアップされるとそれが更に強調され、闇の中に浮かび上がる架空の町のようにさえ見えます。ああ、美しい・・・座ってずっと見ていたいくらいでしたが、付き合ってくれた次男も疲れてきたので、記念セルフィーを撮影してアパートに帰りました。

付き合ってくれて、ありがとうね♥

関連記事

  1. 世界遺産・マントヴァの名産品は「かぼちゃ」

  2. イタリアでの初めてのクリスマス、舅からの衝撃のプレゼントとは?

  3. 次男の好きな、日本のくだもの

  4. トスカーナ群島第二の島、ジリオ島

  5. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

  6. サイト全面改訂で痛感した、良い文章を書くために必要なこと

Copyrighted Image