フィレンツェ県北部の名物パスタ「ムジェッロ風トルテッリ」

ムジェッロ地方はフィレンツェ県北部、ボルゴ・サン・ロレンツォを中心とした山の多い地方。この地方のパスタがムジェッロ風トルテッリです。おらが村はムジェッロ地方の南東・シエーヴェ渓谷と呼ばれるゾーンで、この辺りでもムジェッロ風トルテッリは普通に食べられますが、フィレンツェのレストランではなかなか食べられないパスタかも?おらが村のダニエーラアントネッラのアグリツーリズモの料理教室では、登場することもしばしばです。

まず、トルテッリとは詰め物系パスタの一種で、どちらかというと三角形に畳んだパスタの2辺をくっつけたり、ねじったりしたものが多いです。ムジェッロ風トルテッリは四角いだけで、通常ラビオリと呼ばれますが、ムジェッロ風に関してはなぜか?絶対トルテッリと呼びます。そして中の具は何かというと、マッシュポテト!パスタに芋、という最初は驚いた組み合わせですが、これがクセになる美味しさ。食べ過ぎるとお腹にたまりまくるので注意が必要ですが、日本でも手に入る材料でできますので、ぜひ一度挑戦してみて下さい!うちは息子たちの大好物でもあるので、半日かけて大量生産し、冷凍保存しています。

材料(おおよそ10人分、残った分は冷凍保存可能)

【具】◎ジャガイモ・1.5kg ◎ニンニク・ひとかけ ◎トマトピューレ・300ml ◎粉チーズ・100g ◎イタリアンパセリ、オリーブオイル・適量

【パスタ】◎小麦粉・500g ◎セモリナ粉・500g ◎卵・10個 ◎塩・ひとつまみ

作り方

1) じゃがいもを皮つきで茹でる

2) 小さい鍋にみじん切りにしたニンニクとイタリアンパセリをオリーブオイルで炒め、きつね色になったらトマトピューレを入れ、20分ほど煮込む

3) 1)のじゃがいもをつぶしてパットの上に広げ、2)と粉チーズを入れ、しっかり混ぜる。これで具の完成です

4) パスタ:台の上に小麦粉・セモリナ粉を混ぜたものを山にし、真ん中に穴をあけて卵と塩を入れます~底に粉が残るように。

最初はフォークで、卵をつぶしながら粉の内壁を崩して混ぜていきます。その後、手でよくこね、丸めて30分ほど上にふきんやボウルをかぶせて寝かせます。

5) パスタマシーンまたは手でパスタを長方形に伸ばし、3)の具を入れて上からパスタをかぶせ、周りのパスタの上下がくっつくようにしっかり指で押さえた後、パスタカッターで切る。切って余ったパスタは次に伸ばすパスタ生地に混ぜて再利用し、同じことを繰り返す

6) ソースはミートソースかトマトソースか、お好みで~今回は夏野菜のトマト煮込みソースでした。

このレシピの早送りのビデオ~パスタ作りの手つきが、やっぱりスゴイ(笑)

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. フィレンツェ北部の山の中、アントネッラのアグリツーリズモ

  2. 「フィレンツェで暮らしてみたい」、夢を叶えるアパート滞在のススメ

  3. バルディー二庭園には行けなくても!おらが村で満開の藤を堪能

  4. フィレンツェの穴場のジェラテリア、 Vivaldi

  5. フィレンツェの魚が選べるボリュームいっぱいの店 、Lo Spuntino

  6. フィレンツェ北部、アクティビティ満喫!風車のあるアグリツーリズモ

  1. 小さい子供と都会観光、大人も子供もストレスのたまらない方法!

    2018.09.21

  2. 旅の一番の思い出とは、やはり「人との出会い」だと思う

    2018.09.20

  3. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

    2018.09.19

  4. ギリシャ・ロードス島・ロードス、古・旧・新の3エリアを1日で周る

    2018.09.18

  5. 3か月1週間ぶりの学校再開\(^o^)/・・・と思ったら(ガックシ)

    2018.09.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image