公共機関だけで行ける!ピエンツァの「昔ながらの」アグリツーリズモ

美しい田園風景で世界遺産にもなっているオルチャ渓谷。その中でも単独でも世界遺産にもなっているピエンツァに、バスで行けるアグリツーリズモがあるのです。オルチャ渓谷にせよ、アグリツーリズモにせよ、両方とも基本的には車がないと無理なのですが、ここはシエナからバスで1本、バス停からは徒歩2分ほど、旧市街へも5分もかからない!という、とても便利な立地。なので、表側は道路に面しているのですが、裏側はオリーブ畑や連なる丘が見られる絶景も見られます。

お部屋は、シンプルなダブルルーム、

ミニキッチン付きのワンルームアパート、

寝室とDKの2部屋からなるアパートの3つ。

前者2つは2名まで、アパートはDKのソファーベッドも使えば4名まで、ダブルルームとアパートはつなげることもできるので、最大6名まで宿泊することができます。

アグリツーリズモですので、オーナーはもちろん農家。ここはワインとオリーブオイル、そして飼育している豚を使用したサラミなどを生産しています。嬉しいのは、宿泊のお客様なら無料でワインセラー見学とテイスティングができること!

ワインセラーは地下に1つ、別棟に1つ。両方とも小さいスペースで、テーブルワインとDOGのオルチャワインの2種類、年間の生産は6,000本と、家族経営ならではのこじんまりとしたワイナリーです。ワインもオリーブオイルも、生産品はもちろん購入して頂けますよ。地下のテイスティングルームには、お友達などが生産する地元のジャムやハチミツ、チーズやパスタなども販売しているので、お土産にも良いです。

そしてお子様連れに更に嬉しいのが、裏にある動物スペース。宿泊者の方なら、こちらもご自由に入って触れ合って頂けます!飼っているのは、豚、羊、ウサギ、鶏など。鶏の卵や作っている野菜も、スタッフに言えば分けてもらえるという気前の良さ!!訪問した日も、何個も卵があったので、6つもお土産に頂いてしまいました。

そして時期が合えば、子豚や子ウサギなどもいるので、まさにミニ動物園!豚ちゃんは生産物である生ハムやサラミに変身するで、それが頭によぎると複雑な気持ちになるかもしれませんが・・・農家にとっては、それが当たり前。大事に命を頂くことも、ここで学ぶことかもしれませんね。

お客様の都合には合わせられませんが、タイミングがあえば9月のブドウの収穫(ただし2日間終わるので、見学できるのはすごい確率!)、11月にはオリーブの収穫(そして搾油所へ行く時も同行できます)、12月のサラミ作りも無料で見学できるんです。今やアグリツーリズモは星の数ほどあり、田舎にあるリゾートホテルのようなアグリも少なくない中、ある意味とても珍しい昔ながらの農家の良さを体験できる貴重なアグリツーリズモと言えるでしょう。

そんな農家なので、もちろんスタッフは家族だけ!コテコテ農業人のルチャ―ノお父さんに、アグリツーリズモ世話役の娘さんのラウラ。宿泊用の部屋とアパートは全て1階にありますが、お父さん家族とラウラ家族は2階に住んでいるので、何かあれば階段を上がってトントン、と叩けばOK!食事サービスはしていませんが、コルネットやジャム、ハチミツ、牛乳やジュースが入った「朝食セット」を部屋においてくれます。キッチン付きの2つのアパート宿泊の場合は、これまた目と鼻の先にあるミニスーパーで買い出しして自炊を楽しむことも。もちろん旧市街までは徒歩5分もかかりませんので、レストランに行ったり、旧市街の食材店で買い物してもOKです。

そして最後に、歴史に興味がある方は、彼らが所有権を持っているロミトーリオ=隠れ家へ。

この場所は元々、エトルリア時代の墓だったとされています。時を超え、中世にそれを見つけた修道士などが隠れ家的な祈りの場所として使用していたそう。そんな歴史に思いを馳せ、独特の世界に浸ってみて下さい。見学希望の方はスタッフに言えば、鍵がもらえます。もちろんここも、徒歩圏内です!

整理しますと・・・このアグリツーリズモのおすすめポイント
※ 世界遺産のオルチャ渓谷&ピエンツァにある!しかも車を使わずに行ける
※ 世界遺産のピエンツァ旧市街まで、徒歩5分以内
※ 昔ながらの家族経営、こじんまりとしたアグリツーリズモ
※ 宿泊すれば、ワインセラー見学やテイスティング、動物触れ合いや農作業見学も無料でできる
※ 鶏の卵、野菜なども、あれば&言えば無料で分けて頂ける
※ 車でしか行けない周辺の見所に行く場合も、ピエンツァに提携ドライバーがいるので時間を有効に使える

とにかく、めっちゃおススメです(笑)

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【宿泊料金】
ダブルルーム:1人使用・55ユーロ、2人使用・90ユーロ
キッチン付きワンルーム:1人使用・65ユーロ、2人使用・110ユーロ
1DKアパート:2人使用・120ユーロ、4人使用・180ユーロ
※ 原則的に3泊以上。予約状況によっては1~2泊でも受け入れられる時がありますので、まずはお問合せ下さい。
※ 1泊1名につき、滞在税(市税)別途1ユーロがかかります。
※ 冬季クローズなしで、年間通して開いています。

【行き方】
ピエンツァの行き方を参照ください。予約された方には、具体的な場所をご案内します。バスで行くのが難しい方は、もちろんハイヤー手配もできますので、お問合せ下さいね。

お問合せ&お申し込みは、こちら

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. ばーちゃん村の夏恒例?3種類の「スリッパ」を食べる夜

  2. モンタルチーノ・フレスコバルディのワイナリー「ルーチェ」&「カステルジョコンド」

  3. 【モニター募集・第三弾】フィレンツェ北部でトリュフ狩り&トリュフランチ&ワイナリーツアー

  4. モンテプルチャーノのチーズ工房「Cugusi」で、買ってそのままピクニック!

  5. トスカーナで習ったお料理を早速実践!富良野ペンション・四季の宿・kizunaさま

  6. モンタルチーノのレストラン、Taverna del Grappolo Blue

  1. 今しか見れない景色を逃すな!おらが村の銀世界

    2019.01.24

  2. トレンティーノ・アルトアディジェ州「ヴィピテーノ」、イタリア最…

    2019.01.23

  3. 私が混乱した「トスカーナ弁」その2~非人称のトスカーナ的な使い方

    2019.01.22

  4. イタリアでお呼ばれした時、日曜のランチに出てくるこの包みは?

    2019.01.21

  5. イギリス紙「Times 日曜版」記事へのトスカーナ観光担当のコメント…

    2019.01.20

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image