ヒキガエルに夢中

田舎暮らしとは恐ろしいのもで(笑)、いや、慣れというものは恐ろしいもので。虫も苦手だったのに息子たちに鍛えられ、ミミズは触るのはいややけど見る分には何とも思わなくなり・・・。そして、数年前に庭で見たゲンコツ大くらいのデカいカエル。鎧戸を閉めようとしたら足元にいたせいもあり、その時は雄たけびをあげたものですが・・・・

先日、ご飯を食べ終わった後になんか視線を感じるなーと思ったら!!!
もうねぇ、この姿が可愛すぎて、愛おしくなっちゃいました。

Wikipediaによると、ヒキガエルはたくさん種類があり、50属590種類!!「四肢が比較的短く、肥大した体をのそのそと運ぶ。水掻きもあまり発達していない・・・動作は鈍く、多くのカエルのように頻繁には跳ねない」。

動画まで撮っちゃいましたよ(笑)まさに書いてる通りで、のそのそと歩いています。

じーっと止まったり、壁に登ろうとしていたり?とにかく全てが可愛い!!

「寿命は最長で10年ほどで、古い庭先に居ついたものなどは、人の存在に慣れて、同じ個体が日常的に目にふれるようになる」・・・まさにうちやん。ってのも、同じ個体かどうかは分からないけれど、この数日続けてみるようになりました。ちなみに毒を吐くので、不用意に近づいたり触るのは禁物!可愛くても見るだけね♥

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. 海外の固定/携帯電話に安くかける方法

  2. 時間ができると、やたらめったらやってしまうこと

  3. 緑の大地に白い斑点・・・マレンマは羊だらけ!

  4. 痛んだ&まずいリンゴを美味しく消費する方法

  5. イタリアの町づくりは、とにかく残す、不便でも残す、受け継いでいく。

  6. イタリア人でもイタリア語で何と呼ぶか分からないモノ

  1. アテネで私たちをおそった、思いもよらない悲劇

    2018.09.22

  2. 小さい子供と都会観光、大人も子供もストレスのたまらない方法!

    2018.09.21

  3. 旅の一番の思い出とは、やはり「人との出会い」だと思う

    2018.09.20

  4. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

    2018.09.19

  5. ギリシャ・ロードス島・ロードス、古・旧・新の3エリアを1日で周る

    2018.09.18

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image