モンテプルチャーノのワイナリー「De’ Ricci」、「大聖堂」と呼ばれる圧巻の地下ワインセラー

トスカーナには多くの銘柄がありますが、そのうちでも有名なのが、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ。Nobile=貴族、高貴な、という名前を持つ、イタリアでも最も古い歴史を持つワインの1つです。一般的にワイナリーはブドウ畑の横に設置されているので田舎にあるのですが、モンテプルチャーノは旧市街の建物の中にあることが多く、町観光と一緒に楽しめてとても便利。

さて、その中でも一押しは、モンテプルチャーノの中心的広場・グランデ広場からほど近い「デ・リッチ」、モンテプルチャーノの有力家系であるリッチ家の館にあります。特に予約もいらず、クリスマス以外は基本的に毎日営業しており、見学はなんと無料!館は枢機卿ジョヴァンニ・リッチの命により1562年に完成されたものですが、セラーはその前からある町の中世に建設された部分にあります。リッチ家の館に入ったら右横にセラーへの入り口があり、そこから87段の階段を下ってゆきましょう。

薄暗い中を下っている中で見えるのは、紋章。こういう2つの紋章が組み合わさったものは、婚姻した両家の紋章です。リッチ家は左側なのですが・・・何か分かりますか?リッチ=お金持ち、貴族だけに英語のイメージがあるかもしれませんが、イタリア語でリッチ=ハリネズミ!写真が不鮮明で分かりにくいですが、おてんと様にぐっと顔を向けたハリネズミなんですが、これには伝説が:12世紀頃、モンテプルチャーノは天気予報を魔女に予言させていました。それを覆したのが、ハリネズミの行動から天気予測を提唱したある男性。彼は「リッチョ」と呼ばれるようになり、リッチ家の紋章もその伝説にあやかったとされています。

そしてブドウや樽のもわ~っとした芳香が漂ってきたと思うと・・・見えるのはこんな風景。

これだけで、ワイン好き、いや建築や歴史が好きな方も興奮!ではないでしょうか。ただただ美しい、この空間に身を置くだけでも価値があります。内部は6.7mの柱とアーチによって3廊に分けられ、まるでロマネスク・ゴシック様式の大聖堂のよう。また、凝灰岩の土壌に掘って作られた空間のため、ワインに必要な湿度や温度、通気性を年間通じてキープしているそうです。

こんな風に独特な雰囲気のセラーを抜けると、ソムリエさんの待つテイスティングルームへ。簡単な説明の後、ノービレ他2~3本がテイスティングできます。テイスティングは3ユーロかかりますが、ワインを購入すれば無料です!

芸術鑑賞のようなワインセラーを見学し、テイスティングも良心的な金額でできるなんてなかなかありません。ワイン好きの方はもちろん、そうでない方も、モンテプルチャーノ観光の1つにぜひ加えて頂きたいワイナリーです。

出口は入口からかなり下、Via Collazzi, 7になります。ここから入ってここから出ることも可能です。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Cantina De’ Ricci
Via Ricci, 11 Montepulciano (Siena)
Tel : +39-0578-757166

毎日10:30-19:00開館、12月25日は休み。
1月~2月は営業日時を確認して下さい。
ワインテイスティングは1人3ユーロですが、ワインを購入すれば無料になります。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 公共機関だけで行ける!ピエンツァの「昔ながらの」アグリツーリズモ

  2. トスカーナで習ったお料理を早速実践!富良野ペンション・四季の宿・kizunaさま

  3. 世界遺産・オルチャ渓谷を巡る、ハイヤー1日周遊プラン

  4. アミアータ山の中心的な村、アッバディア・サン・サルヴァトーレ

  5. トスカーナで料理レッスン、どこで?誰とやる?

  6. シエナから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

Copyrighted Image