モンテプルチャーノのチーズ工房「Cugusi」で、買ってそのままピクニック!

トスカーナのチーズと言えば、やはり羊のお乳から作るペコリーノ。その中でも有名なのが、ピエンツァ産のものです。ピエンツァとモンテプルチャーノの間に、一見民家かと思うほどひっそりと佇んでいるのが、このチーズ工房・Caseificio Cugusi 。もう1つのペコリーノの産地・サルデニアから移住してきたクグージ一家が、伝統的製法を引き継いで1962年からここでペコリーノチーズを作っています。

中に入ると、右側のカウンターにはチーズ!チーズ!チーズ!!!全てか羊のお乳を作ったペコリーノで、熟成期間、ブドウの搾りかすやクルミの葉などの熟成のさせ方、スパイスのありなし、など、10種類以上。1990年から数々のチーズコンクールで入賞し、熟成ペコリーノ・Gran Riserva は「2017-18 世界チーズアワード」にてスーパー金賞を受賞し、世界66のチーズの中のトップとなったチーズです。

とにかく、何を選ぼうか迷ってしまいますが、店員さんに言えば味見もさせてもらえます(いつくかカウンターにも置いてありました)。ちなみに、価格プレートはキロ表示。購入する際は、半分(meta’ メタ)、4分の1(un quarto ウンクアルト)など、もちろん切って購入でき、真空パックもしてもらえますよ。

フレッシュチーズは、別の冷蔵棚に。リコッタ、ラヴィッジョーロ、ヨーグルトもあります!ちなみに左横はオリジナルTシャツで、後ろ上方には工房のロゴマーク入り。子供用・大人用各サイズあり1枚10ユーロでした。

入って左側・チーズカウンターの向かいには、同じ工房の作るオリーブオイルや、ノービレを始めとする地元ワイン、地ビール、チーズに合わせるジャムやハチミツなども販売されています。チーズ以外のお土産も一緒に購入できて、便利ですね。

そして、この工房一番のおススメは、コレです!

ピクニック!!

カウンターでピクニック希望を伝えると、可愛い籠にコップ・お皿・ナイフ&フォーク、パン、紙ナプキンなどを用意してくれます。サルーミは生ハム、カポコッロ、サラミのパックから選べ、お好きなチーズを好きなだけ。飲み物やジャムも自分たちで選んで一緒に籠の中に入れてもらいます。ピクニックコーナーはキレイに整備されており、行った5月は最高のお天気で、花も満開!

そして目の前には・・・

モンテプルチャーノの絶景!!至福の時、と言わず、なんと言うのか!!というほどのロケーションと、美味しさ。

これとは別に、8人以上のグループであればガイド付きのテイスティングができます。内容は5種類のペコリーノ+リコッタに地元のジャムやハチミツ+ノービレワイン。衛生上の理由により工房の中には入れませんが、ビデオで製作工程なども説明してもらえる45分のテイスティングです。ご希望のグループの方は、手配できますので、どうぞお問合せ下さい

モンテプルチャーノに来られる方、オルチャに来られる方はぜひランチで寄ってみて下さいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Caseificio Cugusi
Via della Boccia 8 – Strada per Pienza (SS.146) Montepulciano (SI)
Tel : +39-0578-757558

毎日営業、4月~10月・9:00-19:30、11月~3月・8:00-13:00/15:00-19:00

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

 

関連記事

  1. アミアータ山の中心的な村、アッバディア・サン・サルヴァトーレ

  2. シエナから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

  3. 【レポ】モンタルチーノ・ブルネッロのワイナリー訪問

  4. ラルドづくしがたまらない!コロンナータのオステリア・Osteria nella Pia’

  5. オルチャ渓谷の世界遺産の村、ピエンツァ

  6. フィレンツェで「魚料理が食べたい!」時、どこに行く?

  1. シエナのパノラマポイント「マンジャの塔とファッチャトーネ」、ど…

    2019.04.21

  2. 分かっちゃいるけど「イラッ」となる、イタリアの製品3選

    2019.04.20

  3. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

    2019.04.19

  4. イタリアの学校の休み、1年のうちどれくらい!?

    2019.04.18

  5. シエナ南の「クレーテ・セネージ」、粘土質の大地が織りなす自然美…

    2019.04.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image