フィレンツェ北部、キアンティ・ルフィナのオーガニック・ワイナリー

キアンティ、と一言で言ってもエリアは広く、「キアンティ〇〇」と名のついたワインの銘柄も数多くあります。そのうちの1つ「キアンティ・ルフィナ」は、フィレンツェ北部シェーヴェ渓谷の銘柄で、生産者はたったの22ワイナリー。大規模なワイナリーはなく、ほとんどが中規模~小さな家族経営のものばかりです。

おらが村からほど近い丘を上っていくと、ほぼ頂上に現れるこのワイナリーは海抜400m、キアンティルフィナエリアの中でも最も高い位置にあります。昼夜の寒暖差が大きいため、ブドウの成熟が良く、芳香と酸味も高くなるそう。代表的な生産銘柄はもちろんキアンティ・ルフィナとそのリセルヴァですが、その他にも2種のIGT(地域特性表示)赤ワイン、そしてキアンティでは珍しく白ワインにも力を入れており、なんと5種類のIGT白ワインを生産しています。

ワイナリー見学の最初は、ブドウ畑から。今では大ブームのオーガニックワインですが、ここはなんと1998年から完全オーガニック栽培の農家。畑で土壌やブドウの説明を聞いた後、こんな素敵な中庭を通ってセラーに入ります(訪れた日はイベントで音楽ライブをっていました)。

セラーでの説明の後は、もちろんテイスティング。テイスティングは2種類:キアンティ・ルフィナ+白2本+オリーブオイルのシンプルなものと、キアンティ・ルフィナを含む赤3本+白2本+ヴィンサント+オリーブオイル+サラミ・チーズなどのおつまみ付き、があります。

家族代々で受け継がれてきたワイナリーも多いですが、ここはなんと1代目。設立したのはエンリーコさんとエリーザさん、1992年に結婚してすぐ、この土地に移住したそう。古い文献なども読みながら畑作り、ワイン作りに奔走し、ここまでワイナリーを育ててきました。実は8年前に一度訪れたことがあるのですが、当時は白ワインは1本もなく、当時はまだ小さかった子供たち3人も今では立派に育って、ワイナリーを手伝っています。

写真撮らせてね、とお願いしたら、「奥さんと一緒じゃないと!探してくる」と言ったエンリーコさん。公私ともに一時も離れられないパートナーだってことが、写真からもヒシヒシと伝わってきます。8年前は「見学&テイスティングはやっぱり時間がなくてできない」と言われたのが嘘のように、今回のお邪魔したイベントは押せや押せやのすごい人で、昔を少しだけ知る者としてはとても嬉しい発展ぶりです。

フィレンツェからは直通電車で50分の駅から車で15分ほどなので、半日あればワイナリー見学とテイスティングが可能です。おらが村からも至近なので、休暇の家宿泊の方が宿泊間前後に行くのも良いですし、秋に搾油所見学と合わせて1日、あるいは北部のトリュフ狩りと一緒に1日、というパターンも楽しめますよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
ワイナリー訪問ツアー

【フィレンツェ往復半日プラン】
プランA:キアンティ・ルフィナと白2本、オリーブオイル
お1人・100ユーロ(2名参加の場合)、80ユーロ(4名参加の場合)

プランB:キアンティ・ルフィナを含む赤3本と白2本、ヴィンサント、オリーブオイル、サラミ・チーズなどのおつまみ付き
お1人・120ユーロ(2名参加の場合)、100ユーロ(4名参加の場合)

※ 各プランともに含まれるもの
ワイナリー最寄駅からのハイヤー往復、ワイナリー見学&テイスティング、日本語通訳
(フィンレンツェからの往復電車代、ワイン購入代金などは含まれません)

休暇の家トリュフ狩りアントネッラのアグリツーリズモ風車のアグリツーリズモなど、同じゾーンからの移動やパッケージプランについては、お問合せ下さい。

お問合せ&お申し込みは、こちら

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

  2. チーズ好きにはたまらない、ピエンツァ近郊のオーガニック農場

  3. フィレンツェ・ストロッツィ宮殿「ヴェロッキオ展」、レオナルド・ダ・ヴィンチの原点を見る

  4. ミケランジェロのダヴィデ好きには悶絶モノ?細部写真を撮影してきました

  5. フィレンツェのアンティークインテリア雑貨店「BOTTEGA DI CORTE」

  6. フィレンツェの素敵な通り ~ Via Santo Spirito サント・スピリト通り

  1. 3か月と2日ぶりの学校が始まった!・・・が!Σ( ̄ロ ̄lll)

    2019.09.17

  2. カスティリオーネ・アッラ・ペスカイアのオシャレな人気レストラン…

    2019.09.16

  3. マレンマのハイソな港町「カスティリオーネ・アッラ・ペスカイア」

    2019.09.15

  4. かつてはだんだん小さくなって、今度はだんだん大きくなってるもの

    2019.09.14

  5. 突然すぎる、辛いお別れ

    2019.09.13

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image