おらが村の絵付け工房より、日本へオリジナル作品をお届けします!

ママ友でもあり、おらが村の観光協会の会長でもあり、絵付けアーティストでもあるイラーリア。おらが村へ来ていただいた方に絵付け教室をしてもらってますが、現地で体験できなくても、オーダーでお店のプレートやお皿、お玉受け、ワインコルクなどの制作を行うことができます!

今回の帰省の際、高校2年生の同級生夫婦が営む手打ちパスタ専門店「Eat in de Nomi-na」さんのオーダーで、お店のプレートをオリジナル制作し、持って帰ってきました。デザインはオマカセだったのですが、四角いプレートでなくオバール皿に。これは、大人数分のパスタを盛るときに使われるお皿、パスタ屋さんだから、やっぱりコレでしょ!ってことで。

真ん中にイタリアの国旗とお店のロゴ、パスタの主原料であり、彼らの製麺所の名前(Il grano)でもある小麦と、小麦畑に自生する花を周りに2つあしらいました。つい立てを使って立てても良いし、後ろに穴があいているので、針金やしっかり目の紐で壁掛けにすることもできます。

裏はイラーリアのサインと「Buon Lavoro!=エエ仕事してね!」

最初はこの壁のスペースに、と思ったのですが、先日の地震などを考えると吊るすだけでは不安。逆のコーナーの上が一番店の中心で誰からも見えるかな?というのもあり(そこやったら俺からも見えるし!とシェフ・笑)悩んでいましたが・・・どうやら位置が決まったようです!

まさに世界で1つだけの、オリジナルの看板です!


こんな看板のように、写真やロゴ、イメージ図、または彼女の作品からのモチーフなどを選んで、オリジナル作品を作ることができます。普段はイタリアにいるので送料は別途かかりますが、このオバール皿(37㎝×27㎝)で制作費は1万円ほど。食器やプレートなどのベースの形は業者からの仕入れになりますが、絵付けは全てイラリアの手書きのため、既にある絵柄からセレクトして頂いても良いですし、オーダーメイドももちろんできます。こんな看板、こんな食器、こんなオブジェがあったらいいな♪というのがあれば、ぜひお問合せ下さいね

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 初めての「野草の晩餐」

  2. 中国人による「なんちゃって寿司」は、進化しているのか?

  3. イタリアでまともに呼ばれない、日本人の名前実例

  4. 家族4人で行ってみた、アテネのおススメレストラン3店!

  5. 自然は美しく美味しいもので溢れている~おらが村の野草講座でがっつり学んできました

  6. 初夏の夜に響く、おらが村の「セレナーデ」

Copyrighted Image