firenze

トスカーナの州都であり、ルネサンス時代に黄金期を迎えた芸術都市。花の大聖堂(ドゥオモ)、ヴィーナスの誕生などがあるウフィッツィ美術館、パノラマが見渡せるミケランジェロ広場など、見どころ多数なので、初めての訪問なのかリピートなのか、目的が何かによって必要滞在日数もそれぞれ。日本からは乗り継ぎでフィレンツェ空港まで到着でき、ユーロスターやイタロなどの高速鉄道でローマ、ヴェネツィアなどへ、また鈍行列車でトスカーナ各地へのアクセスの起点になります。

 

siena中世にフィレンツェと権力を2分した都市で、世界一美しいとも言われるカンポ広場やドゥオモが見どころ。7月と8月に行われる競馬レース・パリオでも有名。フィレンツェからは電車で1時間半、高速バスで1時間ちょっと。フィレンツェから日帰りで楽しめますが、南トスカーナの玄関口になるので、滞在拠点にもなりえる町です。

 

pisa斜塔で有名な大学の町。フィレンツェから直通列車で1時間ちょっと、斜塔のあるドゥオモ広場だけなら半日、町歩きも楽しむなら1日日帰りで、あるいはルッカ半日と合わせて1日日帰りも可能。また、チンクエテッレへの経由地でもあるので、前後に組み合わせて1泊するのもアリです。日本からは乗り継ぎで、ピサ空港に入ることもできます。

 

lucca城壁が完全に残る散策の楽しい町。各教会や丸いアンフィテアトロ広場を周り、グイ二―ジの塔から町を見下ろしたり、城壁の上を散歩するのもおススメです。フィレンツェからは直通列車で1時間15分、たっぷり楽しむなら1日、またはピサとは電車で20分ほどの距離なので、フィレンツェから2都市日帰りトリップも可能です。

 

arezzo1映画・ライフイズビューティフルの舞台となった町で、世界的に有名なアンティーク市でも賑わいます。フィレンツェからは快速列車で約1時間、日帰りで十分楽しめますが、近くにある映画“トスカーナの休日”の舞台となったコルトーナ、アッシジやペルージャの経由地でもあり、南トスカーナへの寄り道にもなるので、滞在拠点にもなりえる町です。