子供にも!女性にも!梅雨~夏にぴったりのインドアスポーツ「ボルダリング」

6~7月に子連れで日本に帰省して、辛いのは梅雨と暑さ。小学生の息子たちを遊ばせたくても、雨だったり、暑すぎたり・・・家にいたらおのずとTVかタブレットでゲームとか、パソコンでユーチューブ、になってしまう。でも、日本の遊ぶ屋内施設は高い&人いっぱい(号泣)そんな時にまさにぴったり!のスポーツがこの「ボルダリング」なのです。

ボルダリングは、体一つで『岩』や『人工の壁』を登るスポーツです。年齢性別を問わず誰でも楽しめ、筋力が無くても、身長が高くなくても、はしごを登る体力があれば誰でもチャレンジ出来ます。初心者から上級者までスタッフが丁寧にサポート致しますので、女性の方でも楽しく気軽に始めることができます。
スハラクライミングジム・サイトより引用

室内スポーツであること。
適度な冷房がきいていること。
必要な用具はゼロ。
大人も子供楽しめる!
入会してしまうと、その後の利用は安い
(入会するクラブによる)

元々は、日本で息子たちが好きなTV番組SASUKEの女性版KUNOICHIを見ていた時のこと。その時の参加者がボルダリングをやっている映像が流れた瞬間・・・次男「これやりたい!」!!木登りとか、自然系の遊びが大好きな次男、これは彼に合いそう&毎日取りつかれたかのように「ボルダリングやりたい」「いつ行けるの」「もう調べたん」とささやかれ、大阪周辺で調べていた所、姉から地元にあるで!とスゴイ情報を聞きつけ、先日行ってきました!

狭い場所ながら、壁一面に張り巡らせた色とりどりのホールド。ただ単に上るだけかと思いきや、テープでレベル分け+番号でコース分けされているので、それに従って上って行きます。スタートとゴールのホールドは両手で。手は指定のホールドしかつかめない&最初の4レベルは足は自由、その後は指定のホールドのみ。下りる時は全部自由。簡単そうに見えて、これが難しい!

手足の筋力を使うのは当たり前だけど、ただ力があればOK、ではない。バランスが大事。そしてすごく頭を使う。右手左手右足左足、どこに置いて、次はどこに行くかを想定する。特に子供の場合は、次のホールドに届かない場合は、どうするのか・・・どこまで足を寄せて体を伸ばせば、そのホールドに届くのか?ホールドもレベルが上がるごとに形が変形するので、どこをどう掴めばつかみやすく滑らない&支えられるのか?それをやらずにただガシガシ行くだけでは、なかなか上のレベルに行けないのだ。

1つ1つコース、そしてレベルをクリアしていく達成感は、自信にもなる。これはできたから次はこれ、これはこうやってできたから、次もこうやって?次はこうやって?、と、どんどんドツボにハマっていく。疲れるかな?飽きるかな?と思っていた息子たちも、3時間フルで全く飽きることなく、次々にコースをこなしていく喜び、同じコースでも、やるごとに1つ上のホールドに行ける喜びがたまらないよう・・・見ていた私からすれば、手も足もパンパンになってるのに全く休み入れずにチャレンジしまくるのもどうかと思うけど(苦笑)それくらい熱中していた2人。私も興味あったのでやりましたが、最後は手にマメ&その日から筋肉痛&その晩は爆睡、と、汗だくだく&息切れぎれにはならないのに、すごい筋力と体力、集中力を使うので、女性の運動不足解消やダイエットにも良いかも。

レベルが上がってくると、手前にせり出した壁も・・・今回、私たちはここで挫折💦

私たちが行ったのは、スハラクライミングジム。西宮、宝塚、池田にあります。小学生は体験レッスンは入会費&靴のレンタル&使用料(週末は10時~13時)で2000円、そしてその後は500円とワンコイン!なので、帰国までの2週間、そして来年以降もたくさん利用したいと思います!イタリアの地元でも見つけたいな。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 自分に足りないところは、補ってもらえばいい

  2. ムラーノ島で食べた、スペシャルパスタ

  3. バルディー二庭園には行けなくても!おらが村で満開の藤を堪能

  4. 離れた家族と、どれくらい頻繁に電話しますか?

  5. 【我が家の食卓】パスタにもクスクスにも!夏野菜いっぱいの便利なソース

  6. ピサの斜塔とポーズして写真を撮る時のコツ

Copyrighted Image