2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=セコンド

セコンド=メインとなる、肉や魚などの料理です。今回のメニューは、「コテコテのマレンマで行きましょう!」と言っただけで、内容は小林さんにお任せしました。しかし、唯一メニューに入れて下さい!とお願いしたものが、この「ブリオーネ」=羊肉のトマトソース煮込みです!というのも・・・

なんとこの春に発売だった、情報誌「Hanako」の関西イタリアンでグランプリを受賞✨私は小林さんの師匠のブリオーネをこの春に頂いたのですが、も~激ウマ!すぎて、これはぜひ皆さんにも味わって頂きたくて、今回のメニューに入れるようにお願いしたのです。

ブリオーネという名前は、大鍋でごった煮にした、という意味。ぶつ切りにした羊肉をワイン、トマトソース、そしてローズマリーをふんだんに使って煮込んでいます。今回初めて聞いたのは、追い鰹ならぬ「追いローズマリー」。煮込みの最中、新しいローズマリーを追加していくのだそう。それがこの風味!このソース!添えてあるカリカリパンですくって、全部キレイに食べるべし。乳と同じく、この羊肉も全くクセがなくて、トロトロに柔らかいので、ペロッと食べてしまいます・・・ある意味キケン(笑)

今回イベントに参加頂けなかった方も、ピティリアーノさんでぜひぜひ!食べてみて下さいね!!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イギリス紙「Times 日曜版」に物申す ~ 旅の美しい思い出は、忘れさせられるもんではない

  2. 【イタリア旅行を楽しむ為の予備知識】スラれる&騙されるパターン集

  3. 地元イベントはもう絶対はずせない、4つの理由

  4. 思い立ったらすぐに行動!が正しい理由

  5. 【我が家の食卓】ターキーのストラッチェッティ(パン粉焼き)

  6. 「パンみたい」は褒め言葉?イタリアのパンを使った言い回し

Copyrighted Image