「カップヌードル・ミュージアム」で、初めての「マイ・カップヌードル作り」

我が実家のある池田市の、世界的にも有名なものがコチラ、「カップラーメン発明記念館ーカップラーメンニュージアム」!日清の創業者であり、チキンラーメン&カップヌードルの開発者である安藤百福さんのご自宅前にあるこの大きなミュージアム。日本人はもちろん、外国人も多く訪れています。何よりスゴイ?のが入館は無料。カップラーメン発明秘話ビデオ、歴史、製法、現在の日清のカップ麺ラインナップ紹介など、大人も子供も楽しめる施設となっています。私も何回か行ったことがあるのですが、友人一緒だったので、今回、初めて「マイカップラーメン作り」をやってみました!

通常は1Fにあるマイカップラーメンファクトリーですが、この日は週末だったので2F特設会場にて。少し並びますが、それほど待ちません。まずは並んだ先にある自動販売機でカップを購入し、埃が入らないように蓋をしめ、空いている席でカップに絵を描いていきます。

マジックは各テーブルにあり、悩んでいるとスタッフの方がキャラクターの図案を持ってきてくれます。もちろん関係ない絵でもOKだし、カップヌードルのロゴをカラフルに塗ったり、名前を描いたり、まさに「自分だけののカップラーメン感」をここで!

デザインができたら、中にラーメンをいれていきます。

麺は共通、スープは4種類の中から1つ、具は12種類の中から4つ選ぶことができます。

まずはカップに麺を入れるところから。カップラーメン誕生のキモだった、麺の入れ方、それを製造方法そのままに体験!(もちろん製造工場は手動ではありません・笑)

それから粉末スープと具を選びます。一番人気は、はやりキャラクターのひよこちゃんナルト。私はシーフードスープにエビ、ネギ、キムチ、ひよこちゃんナルト。次男は何を選んでいいのか分からず?ひよこちゃんナルトをWで(笑)。選ぶスープや具も好みや性格が出て面白い!

そこから透明パックをしてもらって、最後はコレ!ミュージアム帰りの人や、とすぐにわかる、マイカップラーメンホルダー作りです。コレってスタッフの人にしてもらうものだと思ったら、自分でするんですね。最初は分かりにくいけど、やってみるとすごく簡単でした。

ハイ、お馴染みの「カップヌードルミュージアム帰りの人」になりました。料金はたった300円、楽しめて、オリジナルが作れて、そしてもちろん食べられます!賞味期限は1か月なので、私たちもイタリア帰国前に食べましたが、なかなか美味しかったですよ。

そして、ミュージアムの中には、ラーメン発明だけでなく全ての仕事や活動に通ずる「格言」もあちらこちらに。

「仕事を戯れ化せよ」、偉大な人が言う言葉には、重みがあります!

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

カップラーメン発明記念館ーカップラーメンニュージアム
大阪府池田市満寿美町8-25
072-752-3484 (案内ダイヤル)

営業時間:9:30-16:00 (入館は15:30まで)
※マイカップラーメンファクトリーは14:30くらいで受付終了だそうです。
休館日:火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始


人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリア人は、やっぱり海が好き

  2. 「自分の将来を描く」、子供たちにとって一番大切なこと

  3. イタリアの自由過ぎる?「どこでも授乳」

  4. 超ワイルドな、毛付きの生ハム

  5. 暑苦しさをとるか、心苦しさをとるか

  6. イタリアはしゃべってなんぼ、の国である~日本人的な長男の学校面談より

  1. 【イタリアの便利商品】色もの白もの一緒に洗える、「L’Acchi…

    2019.11.19

  2. 何でもデジタル時代に、ジ~ン、と嬉しいもの

    2019.11.18

  3. トマトソースのピッツァに飽きた時は

    2019.11.17

  4. 温泉で有名なモンテカティー二・テルメの旧市街「モンテカティー二…

    2019.11.16

  5. 【レポート】トスカーナでアグリツーリズモ・行政・協会へ調査イン…

    2019.11.15

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image