トスカーナでの「ポレンタ」の食べ方はこの2つ!

ポレンタは、トウモロコシの粉(そのままFarina di mais とも呼びます)。沸騰したお湯にこのトウモロコシの粉をダマにならないように少しづつ入れ、煮たもの。よく食べるのはロンバルディア州やヴェネト州など、北部が多いですが、イタリアの山間部では南部でも食べるようですね。もちろんトスカーナでも!各州によって食べ方もいろいろあるようですが、トスカーナではおおよそこの2つの食べ方になります。

「ス―ゴ」と一緒にプリモとして

「ス―ゴ」とはソース全般のことで、トスカーナではプリモで「ス―ゴ」と言えばミートソース、ラグーのこと。写真はベーシックな牛ひき肉のラグーですが、よく合わせられるのは猪などのジビエ系のス―ゴ。うちではママ友のマンマ作のが気に入ってから、彼女の「ポロネギとサルシッチャのス―ゴ」をよく真似します。プリモのカテゴリーですが、これ1皿で夕食にもなるサボり主婦の味方メニューでもあります(笑)

あるいは、もっとシンプルに「粉チーズ&こしょう」も捨てがたい・・・あっつあつのもっとクリーミィなポレンタだと、チーズが溶けてまた激ウマ!!

焼いて、揚げて、「クロスティーニ」で

プリモで食べるのが余ったら、熱いうちに四角い容器に入れて高さが同じになるように、表面が平らになるようにして冷ましておきます。それを四角くカット。

それをレンジで焼くか、油で揚げるかして、クロスティーニのパンの代わりに使います。私は前に揚げた時に破裂して大やけどしかけたため、それからはレンジで焼いてばっかりですが・・ベーシックにレバーペーストもありだけれど、一番多い&美味しいのはやっぱりキノコ、いや、ポルチーニ!

ポルチーニはもっと細かく切ってソース風に仕上げても良かったのだけど、あえて大き目にニンニクとイタリアンパセリとでソテーにしたものにしました。6枚焼いて、ポルチーニ好きの長男が3つ立て続けに・・・今度はもっとポレンタ炊いて余らさないと、アッという間になくなってしまいます。固まったら冷凍保存も可能なので、献立が思いつかない時にも役立ちます(笑)

ちなみに北部ではこんな感じ、クロスティーニではなく、メインの付け合わせにこんな風に出てくることが多いです(左上の卵焼きみたいなのが、ポレンタです)

日本では食べるのかな~?イタリアに来られたら、ぜひポレンタも食べてみて下さい!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 大きさの違うスーツケースに23キロ、どう詰める?

  2. バルディー二庭園には行けなくても!おらが村で満開の藤を堪能

  3. パリで乗り換え中

  4. イタリアの家の扉にかけてある、水色やピンクのリボンは一体何?

  5. ギリシャ・ロードス島東海岸のおすすめビーチ5選!

  6. 【我が家の食卓】余ったボッリートを美味しく&無駄なく食べる「フランチェジーナ」

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image