元競技スキーヤー、初めてのカービングスキーでとまどったこと

先日のスポーツ品店での買い物で、予定になかったのに買ってしまった「カービングスキー」。若い人、スキー興味ない人にはなんじゃそりゃ?な、今となっては当たり前のスキー板ですよね(苦笑)。スキー歴28年にして最後にスキー板を買ったのが、確か23年前、その後数年後に出たのが革命的な?カービングスキーなのですが、イタリアに来てから数年はスキーやってなかったこともあり、再開してもずっと23年前のしかも「回転(スラローム)」の競技のスキー板を使っていたのです。

何がとまどったって・・・短い!!

左が新カービングスキー板・152cm、右が今まで使っていた回転用スキー板・183cm・・・その差なんと21cm!!そして、太い、つまり短くて太い。だけど、軽い。軽いのはカービングだからじゃなくてこの板とビンディングが軽いんですけどね(最後まで迷った安い方のカービング板はアホほど重かった)。短い&軽いで、持ち運びもラクだからめちゃめちゃ嬉しい。

そして滑ってみて・・・ひょいひょい簡単にカーブできる。変に荷重しぎると、吹っ飛んでバランスとれないくらい。こんな荷重で楽にカーブできるのは、もう足腰も前みたいに強くないので、ちょうどよかったかも~今は当然レースもしなければ、楽しむのがメインだから。愛着あるので前の板も捨てはしないけど、カービングを履いた今、もうあの板には絶対戻れない💦

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その1・coso と cosare

  2. 創業175年の老舗・ブサッティで一生モノのフキンを手に入れる

  3. 自家製味噌、遅まきながらの「天地返し」

  4. 初めての「野草の晩餐」

  5. 大阪・心斎橋「IL SOLE ROSSO」で、本場ナポリのピッツァを食す!

  6. 大阪老舗の洋食屋さん「ネスパ」で、創作洋食を食す!

Copyrighted Image